最近の記事
2011年03月05日

花粉症のつらい症状をしている方を一人でも減らすことです。

花粉症のつらい症状をしている方を一人でも減らすことです。

重度の花粉暦24年の私が10年前から花粉症と完全にさよならできました。夢のような本当の話。ありとあらゆる花粉症対策を実践して苦節24年でたどり着きました。簡単に花粉症の症状を克服した方法!
電車の中では、花粉症の時期では本当に多くの人がマスクをしている光景をよく見かけます。

6月上旬現在では、スギ・ヒノキの花粉症の方は、症状が治まっていると思いますが、カモガヤやブタクサのアレルギーがある方は、まだ症状は治まっていないのではと思います。

花粉症暦20年の私は、とてもつらさがわかります。

また、スギ・ヒノキのみの花粉症の方は、今年の時期(6月下旬時点)はほぼ終わったと思いますが、必ず来年は花粉症の症状から1日たりとも逃れてください。

仕事をするにも、勉強やスポーツをするにも集中力が完全に落ちますので、自分の能力を100%発揮できないことは花粉症のあなたなら、言わなくても自覚されていますよね。

病院に行っているのに毎年花粉症で悩まされている方、市販の薬を使用しているのに毎年花粉症で悩まされている方、これでやっと簡単に花粉症の症状からさよならできます。!!

私の役割は、花粉症のつらい症状をしている方を一人でも減らすことです。

日本人の10人に一人は花粉症だといわれております。大げさな話になってしまいますが、これらの方の花粉症の症状が治まれば、仕事の効率も上昇し、我が国のGDPも確実に上昇するものと考えられます。

ぜひとも、この手紙を読まれた皆様の花粉症の症状が、なくなることを願ってやみません。
重度の花粉暦24年の私が10年前から花粉症と完全にさよならできました。夢のような本当の話。ありとあらゆる花粉症対策を実践して苦節24年でたどり着きました。簡単に花粉症の症状を克服した方法!
posted by 花粉症 at 08:39 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉症・アレルギー体質改善の極意

花粉症・アレルギー体質改善の極意

もう悩まなくてもいい!花粉症・アレルギー体質から簡単に脱出する方法
もういい加減毎年、薬を飲んだり、目薬をさしたり、マスクをしたりする小手先の花粉症対策はもうやめにしませんか?・・・
花粉症・アレルギー体質がカンタンに改善される方法を公開!

わずか、1週間・・・たったそれだけで長年悩まされて来た花粉症が改善される方法とは?
もし、あなたが望むのであれば、このページを読み進めて下さい。

「花粉症・アレルギー体質改善の極意・ほんとうは簡単な花粉症対策」のすべてを知ることができます。
私の花粉症克服方法を無料で公開しています。

あなたが、ぜんそく・アトピー・アレルギー体質であるならば・・・

その方法を知りたいと思いませんか?


長年悩まして来た「花粉症」が2年前から始めた「あること」により、改善されてしまったのです。

その「あること」とは? その方法とは?

花粉症に悩むあなたへ


これからお話する内容は、わたくしが実践し体験した方法です。







「花粉症がこんなに苦しいものとは思いませんでした、、、。グスッ」

新入社員歓迎会の席で背後から声が聞こえたので、振り返るとそこには、鼻声のA君が立っていた。

A君「今年から花粉症になったみたいで鼻水が止まらなかったり、そうかと思うと鼻がつまって息が苦しいです。」

わたし「ついにA君も花粉症仲間になったか。おめでとう!」

A君「湯浅さん、茶化さないで下さいよ。ほんとうに花粉症で苦しんでいるのだから。頭はボーとするし夜も鼻がつまって苦しいですよ。夕べなんかこのまま窒息して死ぬのかなと思いましたよ。」

わたし「そうか。それは大変だな。わたしなんか今年は快適だよ。ほら、鼻なんてつまっていないし、鼻水も出ていないよ。」

A君「ほんとうだ。どうしたんですか?今までは毎年この季節なるとティッシュが手放せないといってティッシュボックスを箱ごと持っていたのに。」

そうなんです。私は20年間花粉症に悩まされていました。

20年間ずっといろいろな健康食品を試してきましたが結果は同じでした。

私の花粉症の症状は鼻水が止まらずティッシュ箱が1日で無くなる程です。

しかも鼻づまりがひどく、呼吸が出来ないので夜中に何度か起きてしまい、このまま窒息するのではないかと恐怖にかられたこともありました。

それが、今では花粉に悩まされることもなく、鼻どおりもよくティッシュを使うこともほとんどなくなりました。夜もぐっすり眠れます。


それはある方法のおかげです。

そこで私は、A君にこのある方法を教えることにしました。

その後、A君は花粉症に悩む事もなく、ルンルン気分であることは言うまでもありません。



もし、あなたが花粉症でお悩みなら少しだけお時間をとって最後まで読み進めてください。
あなたの花粉症の悩みををなくす方法をお教えします。

毎年、花粉症の季節になると現れるこれらの症状




* □ くしゃみがとまらない。
* □ 水のような鼻水が垂れ流し状態。
* □ 鼻がつまって息ができない。
* □ 口で息をするのでのどがかわく。
* □ のどが痛くなる。
* □ ほこりも吸うせいか、セキもでる。
* □ 頭がボウとして思考が止まる。
* □ 医者からもらった薬を飲むと眠くなる。
* □ 薬の副作用が心配。
* □ この時期はコンタクトを入れられない。
* □ 目がかゆくて目をこするので白目が充血している。
* □ 鼻をかんでも鼻がつまっていて鼻がかめない。
* □ 鼻をかみすぎて鼻が赤くはれてひりひりする。
* □ 無理にして鼻をかむので耳が痛くなってきた。
* □ 無理してかむので鼓膜がやぶれそうだ。
* □ 頭痛に悩まされる。
* □ ひどい時は発熱もする。



かお 申し遅れました。
わたくしは、健康とサプリメントを考える会の湯浅敏弘と申します。
わたくしもこのような症状で20年間も悩まされてきました。

ですので、あなたのつらさはとてもよくわかります。
また、ハウスダスト(ほこり)のアレルギーもあって部屋の掃除をするとくしゃみが止まらなくて困りました。
下手をするとほこりの事を考えただけでもくしゃみが出ました。

で、わたくしもこのつらさを何とかしようと花粉症対策の方法をいろいろと探し回りました。

例えば、以下の方法など。



□抗ヒスタミン剤やステロイド注射 □減感作療法 □レーザー療法 □鼻うがいや鼻スプレー □クロレラ、ローヤルゼリー、乳酸菌、シソエキス、トマトエキス、青汁などの健康食品 □ヨーグルト、にがり、甜茶、アロエ、キウイフルーツ、シジュウム茶、グァバ茶、ハーブ茶などの食品類などなど


こういったもので確かに症状が軽くなったり、症状を止めるものもあります。
しかし、これらで根本的に改善されたのでしょうか?
次のシーズンも症状が出なくなったでしょうか?
下手すれば全く効果がないものだってあります。

いやむしろ効果がない位の方が体にはいいのかもしれませんが、、、。

抗ヒスタミン剤やステロイドなどは、確かにてきめんに効果が現れます。
でも、副作用がこわくありませんか?

薬は症状を無理やり抑えているだけです。
なぜなら、薬の効き目が切れればまた症状が現れるのです。

要は対処療法に過ぎないわけです。

花粉症は、単に花粉症の症状が現れているという単純なものではないのです。

あなたに花粉症という症状が出ているということは、体の代謝異常だということなのです。

これは、どういうことだと言いますと、次のようなことなのです。

同じことは、花粉症に限らず、ぜんそく、アトピーなどの「アレルギー」全般にもいえることです。

症状がからだに出るということは、いち花粉症という問題だけではないのです。

からだのアラーム信号だと思って下さい。

花粉症になるということは、からだの代謝異常ですから、代謝異常の最たるものであるガンについても視野にいれる必要があります。


「花粉症対策」を行うことは、「からだの代謝異常」を対策することにも通じることなのです。

ですので、表面に現れている花粉症の症状に対処するのではなく、 根本的な体の改善をする必要があるのです。

大事なことは、

アレルゲンが体内に侵入してきても「アレルゲンに反応しない免疫力を作る」ということなのです。

日本で一般に言われているアレルギーを改善するというのは、

@アレルギーによる炎症を抑制する
Aアレルゲンの侵入を防ぐ

この2点に対応しているのにすぎないのです。

*アレルゲンとは?

花粉症やぜんそくなどのアレルギー反応を引き起こす原因となるものをいいます。
例えば、スギ花粉やハウスダスト、ダニの死骸など。
本来は、体内に侵入しても影響がありません。


このように今までの花粉症対策というのは、実は単なる「花粉」対策なのです。
(極端に言えば、、、。)

アレルギーを改善するというのは、「アレルゲンに反応しない免疫力を作る」ことをしなければならないのです。

根本的なアレルギーの改善につながる「花粉症対策」をしましょう!

それには、どういったことをするのかといいますと、

それは、

ご安心下さい。

その方法は、ちゃんとここにご提示しますから。

期待をさせといて「その方法は、別途こちらで」とは、いいませんから。(笑)

それは、


ズバリ「食事療法」、「栄養療法」なのです。

「食事療法」ということで皆さん取り組むのですが、

しかし、長続きしないのです。

それはなぜか?

めんどうくさいのです。大変なのです。

ほんとうは、昔の日本人の食卓にあがっていたような食事をしていれば、花粉症なんてものはなかったたのです。
もっと言えば、ガンをはじめ生活習慣病だって今のようにこんなになかったのです。
でも、昔のような食生活できます?

しかも、花粉の季節だけでなくこれから一生ずううとやって行かなければならないのです。

もちろん、理想の食生活を送ることができるのであれば、それが一番ベストです。
しかし、この現代社会においては非常にむずかしいのです。
たまには、外食をしたり、コンビニの弁当を食べたりすることもあるでしょう。
というか、日常的になっているでしょう。そういう食生活が。

今は、理想の食生活が送れていないから、花粉症にかかる人がものすごく増えているのです。

でも、花粉症を根本的に改善する「アレルゲンに反応しない免疫力を作る」ことができる簡単な方法があれば知りたいと思いませんか?

食生活が乱れ、ストレスも多い現代人は誰もがアレルギー予備軍です。
「今までは大丈夫」と思っていた人も突然花粉症になる、なんてことだってあります。

そこで体質改善のためにと、バランスの良い食事をこころがけるようにしたりします。
(もちろん、他には、からだや部屋を清潔にしたり、睡眠と適度な運動も大切です。)

本来なら食事から良質の栄養素が摂れればいいのですが、この現代社会では、まず無理。

ならば、サプリメントや花粉症に良いといわれている健康食品やサプリメントを試してみることになると思います。

でも、そんな宣伝文句どおりに花粉症が改善したってことありますか?

中には良くなったという人もいるかもしれませんが、はっきりいって、ほとんどの人はダメだったのではないでしょうか?正直言って、わたくしがそうでした。
実は、あなたもそうではありませんか?

長年わたくしを悩ましてきた「花粉症」が2年前から始めた「あること」により、改善された方法です。

わたくしの、自己紹介をさせて下さい。


さそり座のA型、東京生まれです。
その後、父の仕事の関係で群馬県に引っ越し、そのまま群馬県人に。

大学では中国語を勉強してきました。
商社に入社して中国関係で仕事をしたいと思い、機械関係の専門商社に入りましたが配属されたのは、国内の営業でした。
ですので、中国語を全く生かすことができない仕事に就いてしまいました。とほほ。(T_T)

転勤の多い会社で東京を皮切りに、横浜、上田、松本と転勤をしました。
その間、母がガンで入院。
週末は、母の入院にする病院に通ってました。

わたくしが健康食品というものに興味を持ち始めたのは、このころでした。
母は末期がんのために、もう手術をすることもできず亡くなりました。

当時は、西洋医学以外のものは民間療法といったもので、ほとんどが怪しげなものばかりでした。
西洋医学で治癒の見込みがない場合は、藁にもすがる思いで、そういった民間療法に手を出すしかなかったわけです。
今のような健康食品といったものは、なかったのです。
当時、信頼が置けそうな物は、唯一、丸山ワクチン位でした。

その後、病気になってから治すのでなく、病気にならないようにすることが大事だということがわかり、いろいろな健康食品といったものを試したり、勉強をしてきました。

そんな中で、日本の健康食品業界のいい加減さ、もうけ主義なこと、規制の多い行政側の怠慢さ、が見えてきました。
それに対し、アメリカのサプリメント業界の先進なことに気づきました。
その頃、わたくしの子供がちょうど幼稚園の年少組の時、小児喘息でした。
早速、アメリカの幼児用のサプリメントを取り寄せ、試したところ、効果があることがわかりました。

また、その頃わたくしは、会社の仕事が忙しく朝出勤をして帰りが深夜の12時過ぎで、週末も残務処理をこなしに会社に行っていました。
そんな生活パターンを送っていましたので、健康診断でも「要注意」がついていました。
わたくしも子供がのんでいたのと同じ会社の大人向けのサプリメントをのんでいました。

すると、次の年の健康診断では要注意でひっかかるところがなくなってしまいました。
それと、肥満気味と診断結果に出ていたのもなくなり、健康体になりました。

これには、驚きましたし、うれしかったですね。

この頃、分子栄養学というものを知り勉強を始めました。

人間に必要な栄養素が十分にからだに行き渡ると、人間が本来持っている自然治癒力により、からだが病気を治すんです。

特定の栄養素が病気を治すんではありません。

ここまで、あなたが読んできますと何か特定の健康食品やサプリメントを売りつけるのではないかとお思いになるかもしれませんね。

そういったことはありませんので、どうかご安心下さい。

むしろ、日本のサプリメントや健康食品などの業界に対して「警鐘」を鳴らしたいと思いこのサイトを立ち上げました。

日本の業界を見てみると、あまりにも醜い儲け主義、非科学的なシステムであり、国も、薬害エイズや薬害肝炎問題に現れているように、国民の健康を考えていない規制と基準がない野放し状態を放任しているのではないかと思われるのが現状です。(実際そうなんですが。)

世間で言われているような、小手先の「花粉対策」ではなく、もっと根本的な「花粉症対策」。

もっと言えば、ここでお話するのは、花粉症ということではなくあなたの「からだの危機」からあなたを救うというお話なのです。

そこがわかれば、結果として表面に現れている「花粉症」というものもなくなっていることに気がつきます。

あなたが考えているようなサプリメント(健康食品も含めて)なんて摂らないで下さい。

サプリメントは、病気を治しませんから!

世の中には、からだを良くするどころか、からだに悪い添加物だらけのサプリメントが多いのですから。
健康のためにサプリメントを摂っているのに、健康に悪いなんて、ブラックユーモアの世界です。

なので、ここでお話している内容は、花粉症に便乗して不当に利益を得ている業界を敵に回すことになるので、いつこのサイトが、そういった妨害に遭い、閉鎖されてしまうかわかりません。

とにかく、興味があるのなら、このサイトが閉じられないうちに読み進めて下さい。

ところで、
今思えば、わたくしは小学生の時は、小児喘息でした。その小児喘息も中学生になると、いつのまにか?治ってしまいました。

これは、今思うと生活環境が変わったのとスポーツをして自分のからだに抵抗力がついてきたからなのかもしれません。

でも、鼻づまり状態は、あることを試した2年くらい前までずうと続いていました。特に春先くらいになると、鼻水が出てティッシュが手放せない状態になるのが恒例でした。

やはり、根本的なアレルギー体質は改善されていないということなのでしょう。

症状がなくなっても気道の過敏性は残っているという研究結果もあります。


子供のころは、蓄膿なのかな?と思っていましたが、耳鼻科で診てもらうとその頃は、「アレルギー性鼻炎」 と言われました。

喘息もアレルギーの1種です。
だから、自分はアレルギー体質なのだと思っていました。
「花粉症」はここ最近の現象のように思われているようですが、実はむかしからあったのではないかと思います。

以前は、「アレルギー性鼻炎」で片付けられていたのではないかと、、、。

今年80歳になるうちの父は、よく言います。
「昔は花粉症なんてなかった」と。
「杉の木がたくさんある中で遊んでいたが、なんともなかった。」
でも、そのころの子って、鼻をたらしている子が結構多かったのです。わたくしは、昭和30年代の生まれですが、やはり「あおっぱな」をたらしている子がいました。

もしかすると、それが今で言う「花粉症」であったのかも、、、。

いずれにしても、長年わたくしを悩ましてきた「花粉症」が2年前から始めた「あること」により、改善されてしまったのです。

その「あること」とは?

この方法を使えば、あなたの花粉症体質が抱えていた以下の問題を解消できることでしょう。




□外出時にマスクを使う必要がなくなります。

□ティッシュを箱ごと持って歩く必要がなくなります。

□人前でくしゃみを連発して恥ずかしい思いをすることはありません。

□鼻をかみすぎて鼻のまわりが赤くなることはありません。

□病院に通って治療費を払う必要はなくなります。

□薬の副作用を心配する必要はありません。

□高額な健康食品にお金をつぎ込む必要がありません。

□頭がボーっとして勉強や仕事に集中できなくなることはありません。

□花粉症情報を求めて花粉症難民にならずに済みます。



どうです。こんな生活を送りたいと思いませんか?

正しい方法を使えば、あなたもこのような生活を送ることができるのです。

ここでなぜ、わたしが体験したこの方法が良いのか、理由をお教えしましょう。

あなたは「栄養療法」をご存知でしょうか?

1930年代にマックス・ゲルソンという医学博士が、「ゲルソン療法」と呼ばれる食事によるガンの治療法を開発しています。

その後1970年前後に、ノーベル賞を二度受賞したライナス・ポーリング博士が「分子矯正医学」、ロジャー・ウイリアム博士が「正常分子栄養学」と呼ばれる栄養療法を発表しました。

また、栄養学を基にしたビタミンなどのサプリメント(栄養補助食品)療法の第一人者として、米国始め世界から高い支持を集めているジョナサン・ライト博士の言葉をお読み下さい。




「もしすべての人が非常に内容のある食事をしているとすれば、栄養療法はあまり必要ないものだと思います。

しかし、現実には、毎回の食事で有害な物質が加えられたり、栄養素をロスしていたりする食品を口にする機会は非常に多いということが実態だと思います。

 もし一番いい健康状態を望むとすれば、一番いい食品とか、一番純粋な水とか、そういうものを口にするというのが一番有効な方法だと思います。

(以下略)」





花粉症・アトピーなどのアレルギーは、Th2細胞という免疫細胞が必要以上に活発となり「ヒスタミン」が過剰に分泌され、炎症が進むことで発症します。

ですので、抗ヒスタミン剤を投与して炎症を抑えようとするわけです。
しかし、これは、現れた症状に対して対処しているだけで根本的な治療にはなっていないのです。

最近の研究では、癌などと戦うナチュラルキラ−細胞(NK細胞)を活性化させることにより、Th2の活性化を抑え、免疫力のバランスが取れてアトピーや花粉症などのアレルギーにも効果があることがわかっています。

なので、花粉症・アトピーなどのアレルギーに対処するのは、免疫力のバランスをとることが非常に大事なのです。

わたくしのこの方法は、最近の研究にかなったやり方なのです。

詳しくは、レポートの中でお示ししています。

また、「食生活の改善」ということも花粉症・アトピーなどのアレルギーに大切だということも最近の研究であきらかになっています。

鹿児島大医学部の研究によりますと、

アトピー性皮膚炎の治療法として、脂肪や糖類の摂取を控える食事指導とビタミンC、ベータカロチンなど抗酸化物質の投与を組み合わせると、重症患者が著しく改善されることがわかりました。

これまで治療した約200例のほぼ全員で効果を上げているそうです。

この研究によりますと、栄養学的な問題から免疫機能が異常になっているのではないかと、患者の血液を調査しました。

すると、アトピー性皮膚炎の患者では正常な人に比べ脂肪や砂糖の代謝能力が落ちており、過剰に摂取していることがわかりました。

また、炎症時に体内に生じる活性酸素を除去するSOD酵素の働きが弱いことも突き止めました。

このため、患者に対し、植物性の脂肪と砂糖、タマゴ、牛乳の摂取を控え、魚や野菜を多く食べてもらうよう食事指導をしました。

さらに、活性酸素を除去する抗酸化の働きのあるビタミンC、ベータカロチン、ビオチンなどの服用を3〜5ヶ月間続けました。

そうしましたら、症状が著しく改善したそうです。

ステロイド投与で効かなかった難治性の患者に対しても、この方法は顕著な効果がありました。

ですので、花粉症などのアレルギー体質を改善するのには、食事療法が有効な方法であるといえます。

しかし、野菜などからは、昔に比べて必要な栄養素が減少しています。
(なぜなのかは、レポートの中で詳しく述べています。)

このことが、今、花粉症などのアレルギ−が蔓延している原因のひとつではないかといわれています。

あと、ここで言っておきたいのですが、マーガリン・ショートニング等の体によくないトランス脂肪酸を多く含む植物加工油を食べるのはやめて下さい。
(なぜなのかは、レポートの中で詳しく述べています。)

もうひとつ、花粉症などのアレルギー体質を改善するのに大切なことをお話しておきましょう。

それは、「腸内環境の整備」です。

先ほどお話したTh2細胞という免疫細胞は、人体各所の粘膜部分で見張り役をしています。
ですので、腸の中でもTh2細胞は見張り役をしています。

そこに未消化のタンパク質が入ってきますとこのTh2細胞が活性化します。
でも、あまりたくさん入ってきますと、必要以上に活発となったTh2細胞の指令を受けて、「ロイコトリエン」や「ヒスタミン」が過剰に分泌され、炎症が進んでしまうことになります。

すると、腸の表面が荒れて、網目が荒くなると、完全に消化が進んでいないたんぱく質も吸収してしまい、Th2細胞が活性化します。

これを防ぐには、腸内細菌のバランスを整える善玉菌や善玉菌の餌となる食物繊維を摂取することが大切です。

なので、「花粉症にはヨーグルトがいい」ということになるのですが、ここで注意をして下さい。

市販のヨーグルトは、ビフィズス菌のみで醗酵されています。

ビフィズス菌は増殖の過程で大量のビオチンを消費するため、ビオチン不足になり、かえって肌に良くありません。

*ビオチン 皮膚炎を予防することから発見されたビタミン様物質。 ビタミンHとも呼ばれるビタミンB群の1つ。アトピーの治療にも使われる。

腸内細菌のバランスを整える善玉菌や善玉菌の餌となる食物繊維を摂取する「簡単な方法」もこの冊子の中で提示しています。

花粉症・アトピー等のアレルギーは、からだの代謝異常によって引き起こされるものです。

ですので、その原因を理解し、正しい方法で対処すれば花粉症・アトピー等のアレルギーは、必ず改善します。



わたくしのレポートで正しい方法を知って下さい。

「花粉症を改善したい!」と、言う方のために、特別レポートにその方法をまとめました。

このレポートでは、なぜその方法が「花粉症」に対して有効なのか、それをお話させていただきます。

そのなぜなのかが理解できていれば、もうほかの物に目移りして無駄なお金と時間を費やすこともなくなります。

それとその「あること」を手に入れるための方法についてもこのレポートの中でお話させていただいております。

ですので、早い人でしたら1週間くらいでそれを手にいれることも可能です。

もっとも、それを手に入れてもすぐに花粉症が改善されるわけではありません。
まして、特に花粉が多い季節ですと、効果があらわれるまで時間がかかることをご理解下さいね。

ただ、早い人ですと、花粉症以外のところで、からだの調子がよくなった効果をすぐに体感される方もいらっしゃいます。


このレポートでは、「なぜ花粉症になるのか」から「花粉症に対応するのにはどうすればよいのか」すべてをお話します。
こういった根本的なことを理解していないと、どうしても抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤などの薬による対処療法に頼る方法になってしまいます。

こういった知識を持った上で、じゃあ具体的にはどうするの?という実践的な答えがこのレポートに示されています。

小手先の”花粉対策”ではだめなんです。

ですので、”花粉対策”ではなく、これから先、ずうとからだの調子をよくするための方法”花粉症対策”をこのレポートにまとめました。


もう高額な健康食品やサプリメントを購入する必要はありません。

めんどうな食事療法は必要ありません。

空腹を我慢したり、食べたい物が食べられないような食事制限はいりません。

もちろん、薬物を使うわけではないので、高額な医療費や副作用の心配はありません。


このレポートの内容を一部紹介すると・・・

□なぜ花粉症になるのか?
 これがわかっていないといつまでも花粉症から逃れることはできません。

 今までのやり方は、一体何だったのだろう?。これを知るのと知らないのでは大きなちがいです。

□花粉症とあるものの深い関係とは?

 知っているようで知らないあるものとの関係とは?

 これを知らないがために従来の方法では、片手落ちだったのです。

 従来のやり方では、このうち1つか2つのやり方だけだったのです。

 これだと根本的な解決にはつながりませんので、花粉症の改善にはつながりません!

  □ズバリ!花粉症対策はこれだ!!

 花粉症の症状を改善するということは、糖尿病などの生活習慣病、もっと言えば、ガンのリスクを
 回避することに通じることなのです。

 そういったことをズバリお話させていただきます。




ここで裏話を。

実はこのレポートは、当初書き始めた時は、ほんの数10ページでまとめるつもりがA4サイズで100ページになってしまいました。
書き始めると、大切なことをお伝えするためにどうしてもこれだけの分量になってしまいました。

この花粉症対策のレポートは、もうひとつのPDF冊子「サプリメント選びで失敗しないための法則」(A4 114ページ)とセットになっています。

まず、PDF冊子「サプリメント選びで失敗しないための法則」を読んでこれの内容を理解した上でこのレポート「もう悩まなくてもいい!花粉症・アレルギー体質から簡単に脱出する方法」をお読み下さい。

そうしますと、内容をより理解していただけるようになります。

・PDF冊子「サプリメント選びで失敗しないための法則」とは何か?

PDF冊子「サプリメント選びで失敗しないための法則」は、わたくしが毎週発行しているメールマガジンのバックナンバーをまとめ再構成したものです。

メールマガジン「サプリメント選びで失敗しないための法則」

メルマガ「サプリメント選びで失敗しないための法則」は、原則バックナンバーは公開していません。
しかし、バックナンバーを読みたいという声が前から多かったのです。
そこで、バックナンバーを読みたいという熱心なご要望にお答えしようと思いました。
このバックナンバーだけでもある人を2万円から3万円の価値があると言わしめた内容です。


もともと花粉症対策のレポートは、バックナンバー版「サプリメント選びで失敗しないための法則」に付随するオリジナル特別レポートという位置づけで書き始めたものです。

当初は、50〜60ページくらいにまとめるつもりでしたが、どうしても書いておくことがあり、気がついたら100ページのボリュームになってしまいました。(^_^;)

ですので、わたくしのPDF冊子として「サプリメント選びで失敗しないための法則」+「もう悩まなくてもいい!花粉症・アレルギー体質から簡単に脱出する方法」という2本立てセットとなりました。
2冊分の冊子です。

あえて2冊セットにしているのは、「花粉症対策」を真剣にするのであればどうしても「サプリメント選び」の内容も理解していただきたいのです。

でも、それだけの価値があるの? 確かに、値段を見ると市販の本と比べると高いです。

サプリの本や栄養学の本や花粉症の本、2〜3冊は買えてしまいます。

しかも、だいたいのことはネットで調べれば出てくるが、内容がそういうのとどれだけちがうのか、わからないから心配だと思います。

確かにそう思われるのは当然だと思います。

しかし、逆に今まで市販のサプリの本や栄養学の本や花粉症の本を読んで花粉症が改善しましたか?

具合がよくなっていますか?

読んだだけで安心しているのではないでしょうか?

また、「だいたいのことはネットで調べれば出てくる」

確かにそうでしょう。
でもしょせんは「だいたい」のことだけなのです。

確かにまちがってはいないでしょう。
しかし、中には全くの「がせネタ」もあります、、、。

あっても断片的なのです。
一般論だけなのです。

「体質を変える乳酸菌が良い」「甜茶がいい」「カテキンで抗アレルギー」「シソ葉が花粉症に」、、、、

様々な情報があふれています。

そんな情報に翻弄されているのが実情ではないでしょうか?
まさに<あるある>や<みの>であっちにフラフラ、こっちにフラフラの「根無し草」です。
マスコミの流すいわゆる「健康バラエティ番組」の「不健康」情報に惑わされているのですよ!

ですので、あなたには、どうしても冊子「サプリメント選びで失敗しないための法則」と合わせて読んでいただいて理解して「実践して」いただきたいのです。

それで、2冊のセットでの販売という形をとっているのです。

PDF冊子「サプリメント選びで失敗しないための法則」+PDF冊子「もう悩まなくてもいい!花粉症・アレルギー体質から簡単に脱出する方法」は、合わせて合計214ページのボリュームになります。

この冊子を読むことであなたは、以下のメリットを享受できます。




1.この冊子を読むことで、もう「あるある」や「みの」、「スポスポ」に惑わされずに済みますので、「サプリメント難民」でなくなることができます。

これは、どういうことかといいますと、
「サプリメントをなぜ摂るのか」という大前提を理解していないということです。
この大前提を理解していないから、あっちにいったり、こっちにいったりする「サプリメントジプシー」になってしまうのです。

栄養学やサプリメントについて基礎的なことがわかれば、こういったことはなくなります。

2.この冊子を読むことで、サプリを選ぶための基準がわかるようになりますから、無駄なサプリメントに膨大なお金をつぎ込み、それ故に健康上、もっと言えば人生上のリスクを大きくすることがなくなります。

また、

3.花粉症に悩んでいる方には花粉症の症状から開放されるのはもちろん、同様に花粉症の症状が改善するということは、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病、もっと言えばガンのリスクを回避することに通じるのです。

こういったことが理解していただくことができますし、また実践していただくことができます。




考えてもみて下さい。
あなたが今まで花粉症に対して払ってきた代償を、、、。

特に長年花粉症に悩まされてきた方にとっては、その金額は1万や2万ではないと思います。

また鼻水が出たり鼻がつまったりして頭がボーとして仕事の能率も下がったことでしょう。

そういったリスクを考えた上でこの冊子の購入をご検討下さい。

はっきり言って、この冊子への投資の方がはるかにリスクが少ないと思います。

それと、これはわたくしを信頼してご購入していただくあなたへ約束したいと思います。

それは、もしこの冊子を購入して、ここに書かれていることを実践したのにもかかわらず、何の効果、成果もあなたが得られなければ、購入して1年以内であればこの冊子購入代金を返金いたします。

その場合、この冊子は返品されなくても結構です。

わたくしを信用して購入していただいた証しとしてそのまま差し上げます。

ですので、わたくしがリスクを被ります。
あなたには、何のリスクもないのです。
たったひとつの決断が人生を大きく変えることがあります。

わたしの回りでも花粉症で悩んでいる人がたくさんいます。
そして、今わたしは、この花粉症対策のノウハウで困っている人を救いたい。

今回ひとりでも多くの花粉症に悩んでいる人の助けになればと思い緊急レポートとして花粉症対策ノウハウを出版することにしました。

この花粉症対策ノウハウで人生を変えませんか?

■この方法で改善された方の体験談です。

▽喘息が大変楽になりました。

以前はアルデシンというステロイドの吸入剤による治療法を行っていました。
(喘息の治療法では最新のものです)
ステロイドはその副作用から敬遠されがちですが、肺から体内に吸収される率は錠剤の服用に比べかなり低く又、直接患部に作用し気管支の石灰化を防ぐ事が出来ると説明されました。
しかし、ステロイドに違わないわけでいつも副作用の不安を抱えて吸入をしていました。
前置きが長くなってしまいましたが●●●●●●に出会って、
試してみたところ1週間くらいで肺が楽になって、アルデシンの吸入をしないのが2週間ほどになっても喘息の発作が出る事も無く、快適に過ごす事が出来ました。

ちなみに一緒に食べていたのが●●●●●●●と●●●●●●です。

あの忌まわしい吸入剤から開放されるかと思うと精神的にもとてもプラスになります。素晴らしい効果ですね!(愛知県・32歳・Kさん・男性)


▽花粉症の体験談

私は17年間花粉症に悩まされていました。
17年間ずっといろいろな健康食品を試してきましたが結果は同じでした。
私の花粉症の症状は鼻水が止まらずティッシュ箱が1日で無くなる程で、連続クシャミ、それも豪快なクシャミで猛烈な鼻づまり、夜中に何度か起きて呼吸が出来ないのでベッドの背もたれに座ったまま朝まで寝たり、
耳の奥がかゆくて辛かったり、目も充血しててかゆくて網膜剥離になるんじゃないかと心配する程だったり、
大きなマスクして花粉症用のめがねをかけて帽子をかぶってから外出しても同じなんですよね。
洗濯物も家の中に干したり、家族の協力を得て外出から帰って来るときは服に付いた花粉を叩き落として中に入ってもらったりもしましたが、結果は同じでした。
●●●●●●●●●●●●●と●●●●●●●●をとりはじめ、周りでは毎年のように花粉に悩んでいる方がいる中、私は今年は花粉は飛んでくるのかも分からないくらいになりました。
まだ信じられないんですが、やっぱりこの方法のおかげです。感謝しています。(佐賀・匿名希望・女性)


▽花粉症

私は今年の5月(1999年)のある日、突然激しいクシャミと共に鼻水が出始め、水道の蛇口が壊れたみたいに鼻水が出っぱなし状態になり、ティッシュの箱があっという間に空箱です。
横になるときには、ティッシュを丸めて鼻に詰めて寝る始末、たまりかねて医者に行きました。
検査の結果、アレルギー性鼻炎。
立派な花粉症とのこと。
(ただし、来年の同時期にならないと花粉の特定はできないと言われました。)
1週間分の薬を頂き、少しは楽になるも、根本的に治ったわけではなく、2週間目の薬を飲もうとしていたところ、
●●●●●●●の●●●●●●と●●●●●●●●の組み合わせが良いとのこと。
早速試したところ、なんと壊れた水道が治ったように2時間後にはピタッと嘘のようにクシャミと鼻水が止まったのです。
もうびっくり不思議体験です。専門的なことはよく分かりませんが、聞くところによるとこの2つは免疫力を素晴らしく向上させるとのこと。
信じられない思いと共に、何となく納得しながら●●●●●●●に感謝!(神奈川・S.Y・50代男性)
-------------------------------------------------------------------

更に喜びの体験談です。

-------------------------------------------------------------------
私の子供(男21歳)は小さいときから時々アトピ−性皮膚炎の炎症が出ることがありました。
それが20歳を迎えたころからの食生活の変化(タバコ・酒・不規則な食事)をきっかけに、一気に症状が悪化してしまいました。
顔といわず手と言わず全身にアトピ−が広がり、人前に出ることも出来ず、本人は電車に乗るのも嫌がるような状態にまでなってしまいました。
医者の治療をうけるも一進一退で、本人にとってつらい日々が続きました。
(中略)「●●●」をとりはじめました。もちろん、食生活にも気をつけ、水にまでこだわりました。
同時に今まで頼っていた治療薬のステロイド剤を徐々減らしていったのです。そして1年後の今、ほとんど普通の生活を送れるようになりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すごさを実感しました。
実は私は乾燥アレルギーで空気が乾燥するといろんな皮膚障害がおきます。
ですので、冬は空気がとても乾燥し、今年の冬は最悪でした。
それがずっと直らす困っていたのですが、
●●●を試したところ、
2日で直ってしまったんです。
6ヶ月以上も苦しんでいた湿疹がたったの二日でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎年、花粉症で大変だった妻が、今年は、お陰で、 この季節を楽に過ごすことが出来ました。
花粉の多い日は、●●●を
パジャマの胸元に一滴たらして寝ると翌朝は、 すっきり目覚める事が出来ると大変喜んでします。
また、アトピー(かさかさ肌)で、全身痒がっていた長男にも、 ●●●を2・3日飲ませたら、ウソのように、痒みがなくなりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この方法を知る前は、毎年冬になると2〜3回は
風邪をひいていたのですが、●●●と●●●を取りつづけて いましたら、昨年はそれがなくなりました。
それと、ガンコな口内炎が見事に消えました。
また、毎日パソコンを使用してますが、目のつかれや、 肩こり腰の痛みがほとんどなくなりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎年、花粉症で大変だった妻が、今年は、この方法のお陰で、 この季節を楽に過ごすことが出来ました。
花粉の多い日は、●●●を パジャマの胸元に一滴たらして寝ると翌朝は、 すっきり目覚める事が出来ると大変喜んでします。
また、アトピー(かさかさ肌)で、全身痒がっていた長男にも、 ●●●を2・3日飲ませたら、ウソのように、痒みがなくなりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この方法を知った時、『ほんとに効果あるのか?』  と思っていましたが、・・・・・・・
花粉症に悩まされていたころ、●●●飲んで寝ると、次の日には、くしゃみ、鼻水 がピタッと止まりました。
こんなに効果があっていいのか?と思うぐらい効きました。
その他、疲れが翌日に残らなくなり、寝起きが良くなりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20年ほど前から化膿症の皮膚炎(病名は大学病院でも不明)に悩まされていました。
そして特に疲れている時や睡眠不足の時は症状がひどかったのです。
どこの病院に行っても渡される薬は化膿止めの抗生物質でしたので、この方法を試してみたところ、信じられないほど状態が良くなり、
また「●●●」が肌には特に良いものと聞いて試してみると、さらに素晴らしい効果をみることが出来ました。
ーーーーーーーーーーーーーーー

私の息子(男21歳)は小さい頃から時々アトピー性皮膚炎の炎症が出ることがありました。
それが20歳を迎えた頃からの食生活の変化(タバコ、酒、不規則な食事)をきっかけに、
一気に症状が悪化してしまいました。
顔と言わず手といわず全身にアトピーが広がり、人前に出ることも出来ず、本人は電車に乗るのも嫌がるような状態にまでなってしまいました。
医者の治療を受けるも一進一退。本人にとって、辛い日々が続きました。
 そんな折、この方法を薦められ、栄養学に詳しい方からのアドバイスも参考にして「●●●」、「●●●」、「●●●」、を摂り始めました。
もちろん食生活にも気を付け,水にまでもこだわりました。そして一年後の今、ほとんど普通の生活を送れるようになりました。
栄養のバランスの大切さを学びました。これからはもっと予防に気を配った生活をしていきたいと思っております。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



冊子「サプリメント選びで失敗しないための法則」は、
いわば健康を手に入れるための「情報冊子」です。
また、冊子「もう悩まなくてもいい!花粉症・アレルギー体質から簡単に脱出する方法」は、上記の「情報冊子」で学んだことを実践していただくための「マニュアル」です。「取り扱い説明書」になります。

この2冊であなたは、“オプティマル(スーパー)ヘルスを手に入れることになるのです。

単に「病気でない状態」をヘルスといいます。
これは、病気になる直前の人も含まれます。

“オプティマルヘルス”とは、心も身体も生き生きとしていて、人間として最高(オプティカル)の健康状態であることをいいます。


PDF冊子「サプリメント選びで失敗しないための法則」(114ページ)+PDF冊子「もう悩まなくてもいい!花粉症・アレルギー体質から簡単に脱出する方法」(100ページ)
(合計214ページの大作です。(^_^;))
販売価格10,500円(税込み)
もう悩まなくてもいい!花粉症・アレルギー体質から簡単に脱出する方法
posted by 花粉症 at 08:36 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉に反応しない体作り「フィット」

花粉に反応しない体作り「フィット」

テレビ・ラジオで有名な漢方の先生があなた専用の花粉症の薬を調合してくれます







花粉に反応しない体作り「フィット」 テレビ・ラジオで有名な金子先生があなた専用の薬を調合してくれます。
posted by 花粉症 at 08:34 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年03月04日

根本から花粉症を治す方法

根本から花粉症を治す方法

ラクして永遠に症状とお別れできる 花粉症克服バイブル
いつまで花粉症にエネルギーとお金を使い続けるつもりですか・・・

即効果の現れる簡単なセルフケアで

日々の症状をサッパリ解消しながら、

根本から花粉症を治す方法を併用し永久に

花粉症とお別れできる方法があるのですが・・・



(花粉症についての悩みはこのページで全て解消することができます。あなたはこの情報を知ることにより、花粉症に関しては薬や医者に二度と関わる必要が無くなることでしょう。)

山下学


突然ですが、以下の項目に当てはまることがあるかチェックしてください。

・花粉症にかかっていて、病院に通っている。

・自分は花粉症だが、もう二度と症状に苦しみたくない。

・花粉のシーズンになると、鼻水が止まらなかったり耳が痒くなるなどの典型的症状がある。

・花粉症を克服しようと取り組んだが、克服に失敗した。

・もういい加減、花粉症とは永遠にお別れしたい。

・花粉症をラクして治したい。

・花粉のシーズン中、マスクやゴーグルをつけたくない。

・花粉症は治らないものだと思っている。

・とにかく即実践できる花粉症対策で即効果のある方法を試したい。

・家族に花粉症で苦しんでいる人がいる。


などなど、お考えではありませんか?

以上のうち、一つでも当てはまることがあるなら、
このページを今すぐ読み進めてください。

このページを読むことで得られる情報はあなたを助けることになるでしょう。ゆっくりと読み進めてください。



花粉シーズン中も快適に過ごしたいあなたへ:



はっきり言います。
花粉症を治すことは簡単なことです。


こんなことを言うと、疑問を感じてしまう方もいらっしゃると思います。
ですが、この主張は真理です。その理由はとても単純で、私は

花粉症を克服するための方法を広く深く知っている

からです。


あなたがもし花粉症にかかっているとか、少しでも花粉症に気を使っているとしたら、私に言わせればエネルギーの無駄と断言できます。

あまり遠回しに伝えてもあなたにメリットはないと思いますので今述べてしまいますが、
花粉症を完治させるには、


「即効性のある対処法を使って日々の症状をほぼ解消してしまい、
その上で根本的な体質の改善をする」


これだけです。

私自身、長年花粉症に苦しみ続けたわけですが、その経過についてここで述べてもあなたには興味が無いと思いますので、省略します。

あえて簡単にまとめるなら、


1.花粉症に悩んでいた→2.自分で花粉症について研究した
→3.実践して花粉症を克服した


というプロセスを辿ったわけです。



あなたには私と同じプロセスで
花粉症を完治してもらいたい


とはいえ、あなたは一切研究をする必要はありません。

今回、あなたに提供したいと考えているのは、「2」の自分で研究したという部分の具体的な内容です。

研究とはいえ度が過ぎてしまい、私にはかなり沢山のノウハウが蓄積されています。
当然、その内容は私が実践済みで且つ“効果がある”という確信の得られたものだけをとりあげました。
また、多くの成果が証明されているものについても記してあります。


私は実践のときに、複数の方法を併用したのですが、特に即効性のある方法をいくつか併用したとき、鼻、目、耳のどれをとっても信じられないほど症状が治まったことがありました。

正直、根本的な体質の改善をしなくても、この即効性のある方法を使うだけで十分すぎるぐらいだと感じています。

あなたにはまずこの「即効性のある方法」の凄さを実感してもらいたい。
その上で、永久に花粉症とお別れするための体質改善をすればいいのです。



このレポートは、あなたの花粉症との
縁を永久に消滅させることになるでしょう・・・


あなたに確実に花粉症対策の「秘法」をお伝えするために、
情報をレポートという形にまとめました。

その内容すべてをこのページ上に公開することはしませんが、
その内容の極一部だけをここで紹介したいと思います。



・花粉症を治したいというあなたは、午前中に水分を得ることは大切です。 正しい水の飲み方と、朝食代わりに摂取すると良い○○○○の効能とは?

・花粉症の人は、新陳代謝を上げることが大切です。胃腸の粘膜に働きかけ、新陳代謝を上げる効果のあるビタミンUですが、これを効率良く摂取するための食材・調理法と、結果的に得られる効果効能とは?

・○○○○○酸を意識的に摂取し、○○○○酸を避けることが花粉症などのアレルギー性疾患対策には必須とも言えます。○○○○○酸または、○○○○酸を含む食材とは具体的に何なのか?

・花粉症アレルギーであるということは、花粉に対してアレルギー反応を示す根本的な「体質」に原因がある、ということです。その体質に関わってくる最も大切なことは「食事」なのです。ではアレルギーの原因となるような食事とはどういったものなのか?

・花粉症対策には「デトックス」ということが非常に大切です。花粉症、アレルギーの原因となる体内の毒素を排出してくれる食材とは?

・アレルギーの原因にもなる体内に蓄積された有害な物質を外に押し出し、自然治癒力を回復させ免疫力を高めることで花粉症を治すことができるのですが、そのデトックスの具体的な3種類の方法とは?

・○○系の○○○○○には要注意です。こういった食事以外の面でも花粉症対策には欠かせません。 使ってはいけないシャンプーや石鹸の種類とは?

・薬の服用以外にも治療はたくさんあります。 花粉症を「完全に」治すことができるという ○○○○法とは?

・役立つ花粉症対策グッズがあります。全部で8つです。この8つのグッズとは、○○○、花粉○○○○○ 、○○○○機、○○○、○○、○○○○○○のスプレー、○○剤です。この8つのグッズを使えば80%の花粉を身体からシャットアウトすることができるでしょう。そのグッズとその具体的な効果とは?

・これはとっておきの花粉症解消法です。強力で効果があり、実践も簡単なこの方法、 鼻には○○○を、目には○○○○○を、そして耳には○○を使うのです。その実践方法と注意点とは?

・身体に何かを取り入れようとするとき、必ず考えなければならないことは○○○○です。アレルギー対策にはその○○○○が前提で、最優先事項なのですが、具体的にどうやって ○○○○を実践するのか?

・これはあまりに強力なので、摂取は多くても週3回程度にとどめておいてください。 長期間食べ続けるものではないが、毒素を排出する力が大変に強い理想的な栄養源とは?

・○○について。○○は人間が摂取するのに最適な食物です。この○○を買うときには、とにかく原材料を見て判断することが大切です。その○○の品質を保証してくれるものとは?

・免疫力を活発にする働きのある○○油は現代人に不足しがちな油で、アレルギー・花粉症の症状を和らげる働きがあります。その○○油の効果的な使い方とは?

・○○○はカルシウム不足やミネラル不足を引き起こします。花粉症のあなたはこれは極力避けるようにしてください。この「百害あって一利無し」の食品とは何なのか?
・ダイエットの効果が非常に大きい、○○○○紅茶を飲みましょう。この○○○○紅茶は、利尿作用や脂肪燃焼の効果があります。新陳代謝をよくし花粉症にも効果があるという ○○○○紅茶の作り方とは?

・「○○が無くなるときが寿命が尽きるとき」と言われていますが、○○の無駄使いを減らすために必要なこととは?

・○○○には肝臓の解毒作用を高める効果があります。さらに血液をサラサラして体内を浄化することを促すのです。他にも抗菌作用、抗癌作用、血栓の予防、消化管の吸収促進作用などが見られる○○○の効果的な摂りかたとは?

・花粉症アレルギー体質の人にオススメの食材とは、○○○、○○○○、○○○○、○○○、○○○、になります。それぞれの効果効能と、その最適な食べ方とは?

・とっておきの方法です。是非これは習慣に取り入れてください。その大変オススメな花粉症撃退法とは、○○○○を朝と夕方に○○○ことです。それに併せて○○を飲めば、もう花粉症にエネルギーを使うことは全くなくなるでしょう。この○○○○と○○とは一体なんなのか?

・免疫バランスを良くする○○○○○○ですが、これが○○の実に大量に含まれているのです。花粉症は○○○○酸の撮りすぎが影響しているのですが、○○○○○○がその○○○○酸の作用を抑える働きがあり、したがってアレルギー症状の改善に効果が見られます。○○○○○○を大量に摂取できる○○の実の効果的な食べ方とは?

・具体的に、アレルギーを改善する働きのある食事とは○○、○○○○○、○○茶、○○○、 ○○○ティー、などになります。それらの効果的な摂取の仕方とは?

・実際に非常に効果があるという報告のあった○○○○○、○茶、○○の味噌汁、○○食と、一方、アレルゲンを大量に体内に吸収してしまうことになる○と○○。後者の○と○○は1週間の間食べるのをやめたら花粉症の症状が治まったというケースもあります。その“効果があった”食品と食べるべきでない○と○○とは一体何なのか?

・普段から○○○○○質の食事を摂ることでアレルギー体質になりやすくなります。 アレルギー体質の人が食べるべきでない食品とは一体何なのか?

・運動をすることによっても、花粉症対策は可能です。そのメカニズムと、オススメの運動 ○○○○○○、○○○○○、○○のしかたとは?



などになります。

「花粉症の様々な治療法」「セルフケア」
「食事によるコントロールと体質改善」「花粉症改善に効果のある運動」といった
4つの章から成る構成でできたこのレポートですが、

あなたが花粉症を克服する為の方法を具体的に示したものであり、
無駄は一切省いたレポートとなります。

花粉症そのものについての詳しい説明なども省いており、まさに実践する為の実用書です。

繰り返しますが、特に即効性のある方法については、今すぐにでも実践可能で且つ即効果の現れるものです。 この情報は大変貴重のものであると言えます。


>>お申し込みはこちらをクリック




花粉症の薬や診療代などに消えていた
大切なお金を、情報に投資してください。


このレポートで紹介している方法は、どれもお金のかからないものばかりです。

今あなたは、花粉症のためにお金だけでなく、エネルギーも大変浪費しているのかもしれません。


そういった「無駄」を、もういい加減やめませんか?


たった1回で済む“情報投資”をすることで、永久に花粉症とは無縁になれるのです。
そのことを肝に銘じておいて下さい。

そこで今回のレポートは、生涯の医療費・薬代の代わりとして、

12万円

であなたにお譲りしたいと思います。

先行価格として、半額の6万円で公開します。

(6万円にすれば、私の研究にかかった費用よりもはるかに安く、 人によれば生涯の花粉症対策費よりもはるかに安くなると思います。 実際それだけの価値があると自負しています。

しかし・・・

より多くの方にこのレポートが行き渡るように、今の期間に限りましてこのページを開いている方には、9800円でお譲りいたします。)

この価格に関連することですが、伝えておきたいことがあります。


このレポートは私、山下学が地道に研究を重ね、実際に効果や即効性のあるものを集めた、花粉症対策の集大成です。
おそらく花粉症対策に関しては、これ以上のレポートは存在しないと確信しております。

あなたは、そのレポートの内容を調査研究するといった労力は必要なく、読んで実践するだけでいいのです。

その省いた労力の対価として考えてみてください。

繰り返します。あなたは淡々とレポートの内容を実践するだけです。
人によっては実践できない、なんてことはありませんので、その点については安心してください。


>>お申し込みはこちらをクリック



追伸1.

今の世の中であっても、花粉症で悩んでいる方は大勢いるようです。

つまり、ここで紹介しているような情報がまだまだ行き渡っていないということです。

この情報が世の広まれば、自然とセルフケアによって治療するという方法が一般的になることでしょう。
つまり、この情報をこうやって公開することは、花粉症に関しては“医者いらず”を常識にする力を持っているのです。
そのため花粉症治療を専門とするような人たちから圧力をかけられて、大げさかもしれませんが このサイトを閉鎖しなければならないということも考えられます。

いつサイトを閉鎖するにしても事前に告知することはありませんので、ご了承お願いいたします。


追伸2.

私は自身が花粉症経験をしていたときから長い間 “ラクして”花粉症の症状を抑える方法はないものかと研究してきました。

そういったアンテナを長いこと張り続けることで、有益な情報がどんどん集まってきたのです。
“ラクして”というところがポイントで、ここで紹介しているレポートにはそういった“誰でも”“ラクに” 花粉症を克服できるというところに重点を置きました。

是非、“ラク”な方法で“ラク”になりたい方にオススメしたいと思います。

花粉症にエネルギーを奪われ続けている人たちの助けになれると確信しております。
医者に通っていた方は、「もう通院する必要は無くなった」と笑顔で報告してくださいね。

ここまで読んでくださりありがとうございました!
ラクして永遠に症状とお別れできる 花粉症克服バイブル


【季節限定】花粉に悩んでいませんか?花粉プロポリス
わずか1カ月で花粉症を克服した方法
花粉症を克服しよう
花粉症を克服できる
タグ:花粉症
posted by 花粉症 at 21:26 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わずか1カ月で花粉症を克服した方法

わずか1カ月で花粉症を克服した方法

リノール酸低減式花粉症対策
【季節限定】花粉に悩んでいませんか?花粉プロポリス




花粉症の克服に成功した具体的な方法を

このマニュアルに凝縮しました!

* そもそも花粉症が“完治する”とはどういうことなのか?

* 症状が一切でなくなった、とはどういうことなのか?

* 薬をまったく使わずに花粉症の改善に成功した方法とは?

* 実際に多くの人が治った方法とは?

* 医者さえも知らない花粉症の根本原因とは?

* 遺伝よりも影響力の大きい花粉症の原因とは?

* 花粉症対策の中で最も優先度が高い方法とは?

* 花粉症になる人に共通しているある特徴とは?

* 花粉症に対する漢方薬の効能とは?

* 治らない人が陥っている罠とは?

* 実際に多くの人が治った方法を真似するには?

* 生活に潜む花粉以外の原因とは?

* 花粉に反応しやすい鼻粘膜の構造とは?

* 花粉症を発症する細胞レベルのメカニズムとは?

* 花粉症の人に共通する細胞膜の“ある異常”とは?

* 花粉症の人とそうでない人との違いとは?

* 細胞膜の構造から見えてくる、免疫を刺激する物質が出やすい人の特徴とは?

* 細胞の中身と細胞膜の質を改善して花粉症を抑える方法とは?

* 医者向けのマニュアルに書いてある妊婦と胎児に関する、必ず知っておきたいたった2つのポイントとは?

* 医者向けのマニュアルに書いてある、あなたが飲んでいる薬の注意事項とは?

* あなたが飲んでいる薬の4つの分類とは?

* 医者向けのマニュアルに書いてある、ある意外な治療法とは?

* 子供の花粉症を改善する方法とは?

* 生まれたばかりの赤ちゃんを花粉症にしないための具体的な方法とは?

* 結婚式の1カ月前から行うべき対策とは?

* 出産日前日と当日の24時間の間でやっておきたい4つの花粉症対策とは?

* 花粉症に効くある栄養素とは?

* 許容量を超えて体に溜まっているものの正体とは?
その分子式と分子構造は?

* 許容量の限界まで溜まってしまったものを体から減らす具体的な方法とは?

* 薬を飲むと症状が治まるメカニズムとは?

* レンコンを食べ続けることよりも花粉症に効く方法とは?
レンコンを食べ続けなくて良くなる方法とは?

* ヒスタミンの30倍もの威力でアレルギーを引き起こす炎症物質の働きを抑え込む方法とは?

* 春の花粉症と秋の花粉症の両方とも症状が出なくなった方法とは?

* スギ花粉の症状が一切でなくなった方法とは?

* イネ花粉の症状が一切でなくなった方法とは?

* 薬が体に及ぼす影響から分けた、薬の4つの分類とは?
あなたが飲んでいる薬の正体が分かります。

* 分子レベルで証明された、花粉症患者の細胞膜における「おたまじゃくしの法則」とは?

* 炎症を引き起こすスイッチの役割を果たす物質が生まれるまでの化学反応の流れとは?

* 1週間で効果があった事例とは?



これらは本マニュアルの、ほんの一部でしかありません。

このマニュアルでは、まず、40人が完治した原理を説明しました。次に、それを応用して私たち自身が次々と完治していった方法をステップバイステップで実践できるように落とし込んでいます。

もし、あなたがこれ以上の実績がある方法をご存じでしたら、私にそれを知らせて下さい。私がその治療法の治療原理を突きとめ、それを第三者的に証明する医学論文をかき集めて徹底的に吟味し、その治療法を上回るものをこのマニュアルに盛り込んであなたにお渡しして見せます。
リノール酸低減式花粉症対策


わずか1カ月で花粉症を克服した方法

リノール酸低減式花粉症対策

わずか1カ月で花粉症を克服した方法
花粉症を克服しよう
花粉症を克服できる
posted by 花粉症 at 06:12 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉症の人は、かゆみの原因物質が

花粉症の人は、かゆみの原因物質が


花粉症の人は、かゆみの原因物質が

めいっぱい溜まっている!



マスト細胞というのは、そもそも、
ヒスタミン、ロイコトリエンを抱え込む性質を持っています。

そして、ウイルスや細菌が入ってきたときに、
これらを放出することで体を守っています。

花粉症を発症している人と言うのは、マスト細胞の働き自体は正常であって、
なんらおかしいことではありません。

しかし…



原因物質の蓄積が

許容量を超えると花粉症が発症する!



人にはそれぞれ、花粉症が起こるまでの「許容量」がある、
という話を耳にしたことはありませんか?

「人の体には、花粉症になる“器”みたいなものがあって、
 生まれた時にはその“器”は空っぽだが、
 歳と共に、その“器”に何かが溜まっていく。」

という話です。


ここでご説明している治療法の原理からすると、
この話は本当だったと言えます。


“器”とは、鼻粘膜の周辺にあるマスト細胞のこと。
“溜まってくいく何か”とは、かゆみの原因物質(ヒスタミン、ロイコトリエン、…)のこと
だったのです。

私たちは、この話に基づいた治療法によって、完治することに成功したのです。



完治した40人は、

溜まり過ぎた原因物質を

減らすことに成功したのです。



嬉しいことに、
いったん、許容量を超えてしまった細胞であっても、
原因物質を確実に減らすことができます。

実際、40人もの人の体は、それを減らすことによって症状が出なくなっていますし、
私と母の親子も、同じように、症状がまったく出なくなりました。

だから、
「ついに私も花粉症になってしまった…。もう一生治らない…」
とあきらめる必要はありません。




原因物質が少ない体

||

花粉にまったく反応しない体



ヒスタミンやロイコトリエンといった、「かゆみ」や「その他の炎症」の原因となる物質を、
マスト細胞から十分に減らせば、花粉症の症状は一切でなくなります。

かゆみの原因が無くなってしまうからです。

花粉にまったく反応しない体を手に入れるためには、
原因物質を徹底的に体の中から減らせば良いのです。




細胞から原因物質を減らせば

花粉症が治る!


鼻のかゆみ、のどの痛み、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの原因物質である、
ヒスタミン、ロイコトリエンなどをマスト細胞から減らせば、花粉症は治ります。

そして、これまでの説明で、
  「マスト細胞に溜まったヒスタミン、ロイコトリエンは減らせる」
  「そのことによって40人と私たち家族の花粉症が治った」
ということをお伝えしました。

つまり、花粉症は、治せるものなのです。
敏感体質は、改善できるのです。

なぜなら、花粉に敏感になる根本原因を分子レベル・細胞レベルで正しく理解し、
きちんとしたメカニズムに基づいたこの治療を行うことで、
実際に花粉症を克服した人が何人もいるからです。

40人以上もの人々が治っている事実は誰にも否定できません。
だからあなたも、今こそ、花粉症の克服にチャンレンジして頂きたいのです。



あなたも一度でいいから 

試してみて下さい!


花粉症で辛い思いをされていらっしゃるあなたのために、
実際に私たちの花粉症が治った具体的な方法とその理論を公開いたします。


「リノール酸低減式花粉症対策」
posted by 花粉症 at 06:10 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉症の苦しみから逃れ、完全に解放されたいとお考えのあなたへ…

花粉症の苦しみから逃れ、完全に解放されたいとお考えのあなたへ…

リノール酸低減式花粉症対策
私には、花粉症に苦しめられてきた過去があります…

しかし現在は、花粉症を完治することに成功し、
その経験や知識を、多くの花粉症の方々にお伝えする活動をしています。

完治に成功したのは私だけではなく、重度の花粉症だった私の母も同様です。

かつて、私の母の花粉症は2月になると、とにかくひどい状態で、
毎日、朝から晩まで目は真っ赤。

数分ごとに目薬をさし、数時間ごとに強い薬を飲んでいました。

夜にはぐっすり眠る事ができず、寝起きには喉がはれ、
朝は再び目が真っ赤にはれあがる…。

日中は鼻水、鼻づまりで家事が手につかない…。

そんな辛い生活を彼女は25年間続けていました。
私はそんな母を、痛ましく見ていたものです。

「何とかしてあげたい」と思っても、
実際は何もしてあげられずにいました…。

完治する方法を知らなかった当時の私には、何もしてあげられなかったのです。

そして一方の私自身も、ひどい花粉症に悩まされていました。
自分の症状を抑えるだけで精一杯でした…。


花粉症については、私も母も、いろいろな花粉症対策を試していましたが、
どれもその場しのぎにしかならず、状況は改善されませんでした。

今思えばあの当時の私は、
「このままずっと花粉症と付き合っていくしかないだろうな…」
と完全に諦めていたのです。


このまま一生、

苦しみ続けるしかないのか…


ある日、買い物から帰ってきた母親の目が、ものすごく真っ赤に腫れあがり、
今までに見たこともないほどひどい症状が出ていました。


目を“ぐりんぐりんと”かきむしる母…。
やがて目に傷ができ、ますます赤くなっていく母の目…。

それでも母は目をかくのをやめません。

20分ほどして、うっすらと膜の様なものが張っきてしまいました。


「ヤバい…。このままでは母の目は、どうにかなってしまう…」
と私は強い不安を覚えました。

「失明してしまうかも知れない…」
とさえ、本気で思いました。


たまらず私は言いました。
「やめてくれ!かあさん!それ以上かき続けると失明しちゃうよ!!」

私はなんとか、かくのをやめてもらおうと説得し続けました。

それでも一向に目をかくのをやめない母。


そしてついに私は言ってしまいました。

「いいかげんにしろ!!!」

私はついに、自分の母親をどなりつけてしまいました。

泣きそうな顔になる母。

そして再び目をかきむしりながら、私のそばから離れて行きました…。


・・・




私は、ふと我に返り、自分がしたことを後悔しはじめました。


ただでさえ花粉症のかゆみと痛みで、もがき苦しんでいた母。
そんな母に対して、私はなんてひどいことを言ってしまったんだろう。

本当なら、やさしい言葉をかけてあげなきゃいけなかったはず。
少しでも力になってあげなきゃいけなかったはず。


それなのに私は、こともあろうに、罵声をあびせ、傷つけてしまったのです。

私は、花粉症がいかに辛くて悲しいものなのか、それなりに理解していたつもりでした。
なぜなら私自身も花粉症で苦しんでいたからです。


母は、25年以上も花粉症に苦しめられてきました。
シーズン中には、毎日欠かさず薬を飲み、目薬をさし、マスクをしていました。

いつもティッシュをそばに置き、かゆい目をこすっては、
辛そうにしている姿が、今も目に浮かびます。

いつも目がしみて、痛みに耐えていた私の母。


私はそんな母に罵声をあびせてしまったのです。
私はすぐさま、自分の愚かさに気がつきました。


「何やってるんだ俺は…」

そして私は次のように考えました。

今までの私は、花粉症に苦しむ母に対して、
一体何をしてあげられただろうか?

苦しんでいる母をよそに、何もしてこなかったのではないか?


そもそも私は、

花粉症を “完治” することに、
どれほどの力を注いできただろうか?

“完治”しようと全力で努力してきただろうか?


そう自分に問いかけてみました。

なさけないことに、
私は「その場しのぎ」の対策に終始するばかりでした。
対症療法しかやってこなかったのです。


そして、
「花粉症は完治しないもの」 と思い込んでいる自分に気がついたのです。

完治できるとも思っておらず、
完治する努力もしてきませんでした。



最初から完治をあきらめていた自分

に気がつきました。


これに気づいた私は、
その日を境に、“花粉症を完治したい” と思うようになりました。

もうこれ以上、母を傷つけたくない。
もうこれ以上、母が苦しむ姿を見たくない。


そして私自身、
もう二度と、あの辛い目のかゆみ、鼻のかゆみ、花粉症の苦しみを味わいたくない!
と、心の底から思ったのです。


ついに私は決心しました。

「母の花粉症を完治させてあげよう」
「そして自分自身も花粉症を完全に克服しよう!」

と。
絶対に花粉症を完治する、と強く誓ったのです。


マスクでは花粉症は治りません。

薬は一時的に症状を抑えるだけです。

私の場合、ヨーグルトを食べ続けても、まったく治りませんでした。

甜茶もまったく効きませんでした。

アロマセラピーで、
ありとあらゆる香りをかぎまくりましたが、全然効きませんでした。

漢方薬もイマイチでした。
効いてるんだか、そうじゃないのか分からない。
せいぜいその程度でした。



100%の人が完治した

実績のある方法は

この世に一つもないのだろうか?


私はさっそく、「ほぼ100%の人が治った」という
「実績のある治療法」を探し始めました。

インターネットはもちろん、大学図書館や大きな書店に、何度も足を運びました。
全国のさまざまな図書館に通ったり、有名な専門家や医師を訪ねて回りました。

花粉症に関するあらゆる資料を取り寄せ、読み漁りました。

しかし、イマイチな情報ばかりで、
100%完治の実績をもつ治療法はなかなか見つかりませんでした。



“執念”に燃えた研究者のごとく

調査、調査、また調査…


そこで私は、大学院の学生をしていた頃に慣れ親しんだ医学論文や
その他の学術論文を取り寄せることにしました。

その中でも特に信頼できる論文だけを選び、
すみずみまで読み上げていきました。

どんなささいな情報も見のがすまいと、
大量の論文を一つ一つ、厳しい目でチェックしていきました。

目指したのはただ一つ。
「ほぼ100%の人が完治した治療法」を見つけ出すこと。

ひたすら「100%完治」にこだわり続け、
数え切れないほど大量の論文を読み漁ること2年…。



あった!!

ついに見つけたーっ!!


花粉症に苦しみながらひたすら調査を続けていた毎日。
しかし、ある日、ついに花粉症を完治に導く素晴らしい発見をしたのです。

それはまさに、
実際に100%近くの花粉症患者が完治した治療法との出会いだったのです。

それは、敏感体質を根底から改善する治療法でした。

その治療法は、
山口県にある公立病院に勤める老齢の小児科医によるものでした。

その公立病院の医師は、
その病院でほぼ100%の花粉症患者を完治させていたのです。

公立の病院での治療ですから、いかがわしい民間療法なんかではなく、
根拠がしっかりした治療法でした。

私はどうしてもこの医師に会いたくなって、
住んでいる愛知県からはるばる、山口県にあるその病院に行きました。

そしてついに私は、
ほぼ100%完治の実績を持つ医師に会うことができたのです。

そして、私は次々と質問をしました。

  「先生が書かれた資料に、
   “本症の成人40例は、筆者が小児科であるため少ない経験ですが、
   ほぼ満足いく解決法が得られています。”
   と載っているが、これは本当に100%近い完治率なのか?」

  「鼻水、くしゃみは1〜2週間で、
   鼻づまりは2〜4週間で著明な効果があるというのは本当か?」

  「そもそも、花粉に過敏になる根本原因は何なのか?」

  「どうやって治療するのか?」

  「なぜ、その方法で治っているのか?」

こういった質問を、自分が完全に納得いくまで繰り返しました。

その医師は、言葉を選びながらとても丁寧に質問に答えてくれました。
私はこうして、全ての疑問を一つ一つ解消していったのです。


私はお会いする前に、その医師のありったけの資料を熟読し、
ある程度の専門知識を持った上で面会に臨みました。


会話中、それらの資料を手に質問をする私に対して、
その医師が何度も言いました。

「よく、ここまで調べましたね。」

と言って非常に驚いていました。

私としては、資料に載っていないこと、載せられないこと
まで深く学びたかったのです。

また、
40年以上もの長い間、現場で治療をしてこられた“医師の肌感覚”
というのは、資料や文献に書かれていること以上に大事だと思ったのです。


そして、はるばる遠くまで足を運び、徹底指導を受けた甲斐があって、
資料では語られていない、より強力で具体的な治療のコツ
を学ぶことができました。

その医師からマンツーマンの指導を受けている間中、私は必死でノートを取りました。

医師は、治療の根拠を示す参考文献や研究者の名前など、
より詳しい情報のありかを教えてくれました。

私はそのノートを頼りに、家に帰った後も新たな文献を取り寄せ、
一つ一つ読み込んでいきました。

それまでは、治療法そのものを探していたのですが、
その日を境に、なぜ、その治療法で100%近くの人が治っているのか、
ということについて詳しく調べていきました。

つまり、その治療法のメカニズムに興味を持つようになったのです。



さらに、“超一流の研究者”に会って

その治療法の原理を学びました。


そんな中で、花粉症やアレルギーのメカニズムについてものすごく詳しい、
日本でも指折りの研究者にも会いに行きました。

その研究者は、東京大学薬学部助手、
米国ミシガン大学医学部、ベイラー医科大学留学を経て、
ついには薬学関係の学会まで立ち上げてしまったという、
日本で最も花粉症・アレルギーについて詳しい研究者の一人だったのです。

つまり、アレルギー研究の第一人者でいらっしゃいます。

その先生は幸いにも、私の住んでいる愛知県にお住まいでした。

おぉ!!なんという偶然!

ということで、早速、会いに行きました。
その先生が立ち上げた薬学関係の学会にも入会し、先生と直接お話をさせて頂きました。

ここでも、先にお話しした医師とおなじように、
“研究者の肌感覚”を学ぶことができました。

資料に載っていない知識こそが重要であるということを改めて痛感しました。


これを機に、分子レベル・細胞レベルで、治った原理を調べていきました。
すると、今までまったく知らなかった驚くべき事実が、次々と明らかになっていきました。


そして、
明らかになったメカニズムを利用して、
自分なりに応用していきました。



その医師と研究者は、本人は花粉症ではありません。
花粉症である私自身が、自分の体を実験台にして、より効率良く、より楽に取り組める、

独自の治療法を編み出して行ったのです。




こうして私は、ほぼ100%完治の実績を持つ治療法を
進化させていったのです。




40人が完治したその治療法を

進化させ、応用した結果…



そして私と母は、私が進化させたその治療法に取り組んで見ました。

「この治療法でダメなら、もうどんな方法を使ってもダメだろう…」

という私の不安をよそに、私と私の母の花粉症は、
実にあっさりと治ってしまいました。

その治療法を1ヶ月ほど実践したところ、長く私を苦しめてきた花粉症が、
いとも簡単に治ってしまったのです。

25年以上も重症の花粉症に苦しんできた私の母も、
たったの1ヶ月程度であっさりと完治してしまいました。



2人とも、花粉症の症状が

一切でなくなってしまったのです。


その年のシーズン中、私と母の花粉症は一切でませんでした。
体質改善に成功し、何もしなくても症状が一切でなくなってしまったのです。

今まで毎日欠かさずに飲んでいた薬は、すべて必要なくなりました。
目薬もいらなくなりました。

花粉症シーズンの間中、ただの一度も症状がでなかったので、
マスクは一度も使いませんでした。ティッシュもほとんど使いませんでした。

それ以来、耳鼻科にも一度も行っていません。
症状が何一つでなくなってしまったのですから。


ついに私たちは、完全に花粉症とおさらばすることができたのです。

そして、その方法は誰でも簡単に実践可能な極めてシンプルな方法なのです・・・




40人が完治した治療法

というのは…



先にご説明した、その公立病院を受診した40人の方々が完治し、
なおかつ、私と私の母の2人の花粉症をも完治させてしまった治療法というのは…


ヒスタミンや、ロイコトリエンといった「かゆみ物質」を
細胞の中から減らす方法

なのです。
リノール酸低減式花粉症対策
posted by 花粉症 at 06:09 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年03月20日

花粉症克服

花粉症克服

ラクして永遠に症状とお別れできる 花粉症克服バイブル

デトックスティー「金の美茶」
女性の悩み、生理痛、偏頭痛、腰痛、便秘のサプリメント







いつまで花粉症にエネルギーとお金を使い続けるつもりですか・・・




あなたがもし花粉症であるのならば、ここで紹介している情報を知らないということは、エネルギーとお金を無駄にし続けているということに他なりません。



今すぐこの情報を手に入れ、即効性のあるテクニックを使いながら典型的な症状を抑えつつ、花粉症と永遠にお別れしてください。
ラクして永遠に症状とお別れできる 花粉症克服バイブル
posted by 花粉症 at 17:44 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年02月16日

花粉症を治すことは簡単

花粉症を治すことは簡単

はっきり言います。
花粉症を治すことは簡単なことです。








ラクして永遠に症状とお別れできる 花粉症克服バイブル
こんなことを言うと、疑問を感じてしまう方もいらっしゃると思います。
ですが、この主張は真理です。その理由はとても単純で、私は

花粉症を克服するための方法を広く深く知っている

からです。


あなたがもし花粉症にかかっているとか、少しでも花粉症に気を使っているとしたら、私に言わせればエネルギーの無駄と断言できます。

あまり遠回しに伝えてもあなたにメリットはないと思いますので今述べてしまいますが、
花粉症を完治させるには、


「即効性のある対処法を使って日々の症状をほぼ解消してしまい、
その上で根本的な体質の改善をする」


これだけです。

私自身、長年花粉症に苦しみ続けたわけですが、その経過についてここで述べてもあなたには興味が無いと思いますので、省略します。

あえて簡単にまとめるなら、


1.花粉症に悩んでいた→2.自分で花粉症について研究した
→3.実践して花粉症を克服した


というプロセスを辿ったわけです。



あなたには私と同じプロセスで
花粉症を完治してもらいたい


とはいえ、あなたは一切研究をする必要はありません。

今回、あなたに提供したいと考えているのは、「2」の自分で研究したという部分の具体的な内容です。

研究とはいえ度が過ぎてしまい、私にはかなり沢山のノウハウが蓄積されています。
当然、その内容は私が実践済みで且つ“効果がある”という確信の得られたものだけをとりあげました。
また、多くの成果が証明されているものについても記してあります。


私は実践のときに、複数の方法を併用したのですが、特に即効性のある方法をいくつか併用したとき、鼻、目、耳のどれをとっても信じられないほど症状が治まったことがありました。

正直、根本的な体質の改善をしなくても、この即効性のある方法を使うだけで十分すぎるぐらいだと感じています。

あなたにはまずこの「即効性のある方法」の凄さを実感してもらいたい。
その上で、永久に花粉症とお別れするための体質改善をすればいいのです。



このレポートは、あなたの花粉症との
縁を永久に消滅させることになるでしょう・・・


あなたに確実に花粉症対策の「秘法」をお伝えするために、
情報をレポートという形にまとめました。

その内容すべてをこのページ上に公開することはしませんが、
その内容の極一部だけをここで紹介したいと思います。



・花粉症を治したいというあなたは、午前中に水分を得ることは大切です。 正しい水の飲み方と、朝食代わりに摂取すると良い○○○○の効能とは?

・花粉症の人は、新陳代謝を上げることが大切です。胃腸の粘膜に働きかけ、新陳代謝を上げる効果のあるビタミンUですが、これを効率良く摂取するための食材・調理法と、結果的に得られる効果効能とは?

・○○○○○酸を意識的に摂取し、○○○○酸を避けることが花粉症などのアレルギー性疾患対策には必須とも言えます。○○○○○酸または、○○○○酸を含む食材とは具体的に何なのか?

・花粉症アレルギーであるということは、花粉に対してアレルギー反応を示す根本的な「体質」に原因がある、ということです。その体質に関わってくる最も大切なことは「食事」なのです。ではアレルギーの原因となるような食事とはどういったものなのか?

・花粉症対策には「デトックス」ということが非常に大切です。花粉症、アレルギーの原因となる体内の毒素を排出してくれる食材とは?

・アレルギーの原因にもなる体内に蓄積された有害な物質を外に押し出し、自然治癒力を回復させ免疫力を高めることで花粉症を治すことができるのですが、そのデトックスの具体的な3種類の方法とは?

・○○系の○○○○○には要注意です。こういった食事以外の面でも花粉症対策には欠かせません。 使ってはいけないシャンプーや石鹸の種類とは?

・薬の服用以外にも治療はたくさんあります。 花粉症を「完全に」治すことができるという ○○○○法とは?

・役立つ花粉症対策グッズがあります。全部で8つです。この8つのグッズとは、○○○、花粉○○○○○ 、○○○○機、○○○、○○、○○○○○○のスプレー、○○剤です。この8つのグッズを使えば80%の花粉を身体からシャットアウトすることができるでしょう。そのグッズとその具体的な効果とは?

・これはとっておきの花粉症解消法です。強力で効果があり、実践も簡単なこの方法、 鼻には○○○を、目には○○○○○を、そして耳には○○を使うのです。その実践方法と注意点とは?

・身体に何かを取り入れようとするとき、必ず考えなければならないことは○○○○です。アレルギー対策にはその○○○○が前提で、最優先事項なのですが、具体的にどうやって ○○○○を実践するのか?

・これはあまりに強力なので、摂取は多くても週3回程度にとどめておいてください。 長期間食べ続けるものではないが、毒素を排出する力が大変に強い理想的な栄養源とは?

・○○について。○○は人間が摂取するのに最適な食物です。この○○を買うときには、とにかく原材料を見て判断することが大切です。その○○の品質を保証してくれるものとは?

・免疫力を活発にする働きのある○○油は現代人に不足しがちな油で、アレルギー・花粉症の症状を和らげる働きがあります。その○○油の効果的な使い方とは?

・○○○はカルシウム不足やミネラル不足を引き起こします。花粉症のあなたはこれは極力避けるようにしてください。この「百害あって一利無し」の食品とは何なのか?
・ダイエットの効果が非常に大きい、○○○○紅茶を飲みましょう。この○○○○紅茶は、利尿作用や脂肪燃焼の効果があります。新陳代謝をよくし花粉症にも効果があるという ○○○○紅茶の作り方とは?

・「○○が無くなるときが寿命が尽きるとき」と言われていますが、○○の無駄使いを減らすために必要なこととは?

・○○○には肝臓の解毒作用を高める効果があります。さらに血液をサラサラして体内を浄化することを促すのです。他にも抗菌作用、抗癌作用、血栓の予防、消化管の吸収促進作用などが見られる○○○の効果的な摂りかたとは?

・花粉症アレルギー体質の人にオススメの食材とは、○○○、○○○○、○○○○、○○○、○○○、になります。それぞれの効果効能と、その最適な食べ方とは?

・とっておきの方法です。是非これは習慣に取り入れてください。その大変オススメな花粉症撃退法とは、○○○○を朝と夕方に○○○ことです。それに併せて○○を飲めば、もう花粉症にエネルギーを使うことは全くなくなるでしょう。この○○○○と○○とは一体なんなのか?

・免疫バランスを良くする○○○○○○ですが、これが○○の実に大量に含まれているのです。花粉症は○○○○酸の撮りすぎが影響しているのですが、○○○○○○がその○○○○酸の作用を抑える働きがあり、したがってアレルギー症状の改善に効果が見られます。○○○○○○を大量に摂取できる○○の実の効果的な食べ方とは?

・具体的に、アレルギーを改善する働きのある食事とは○○、○○○○○、○○茶、○○○、 ○○○ティー、などになります。それらの効果的な摂取の仕方とは?

・実際に非常に効果があるという報告のあった○○○○○、○茶、○○の味噌汁、○○食と、一方、アレルゲンを大量に体内に吸収してしまうことになる○と○○。後者の○と○○は1週間の間食べるのをやめたら花粉症の症状が治まったというケースもあります。その“効果があった”食品と食べるべきでない○と○○とは一体何なのか?

・普段から○○○○○質の食事を摂ることでアレルギー体質になりやすくなります。 アレルギー体質の人が食べるべきでない食品とは一体何なのか?

・運動をすることによっても、花粉症対策は可能です。そのメカニズムと、オススメの運動 ○○○○○○、○○○○○、○○のしかたとは?



などになります。

「花粉症の様々な治療法」「セルフケア」
「食事によるコントロールと体質改善」「花粉症改善に効果のある運動」といった
4つの章から成る構成でできたこのレポートですが、

あなたが花粉症を克服する為の方法を具体的に示したものであり、
無駄は一切省いたレポートとなります。

花粉症そのものについての詳しい説明なども省いており、まさに実践する為の実用書です。

繰り返しますが、特に即効性のある方法については、今すぐにでも実践可能で且つ即効果の現れるものです。 この情報は大変貴重のものであると言えます。
ラクして永遠に症状とお別れできる 花粉症克服バイブル





花粉症を治すことは簡単

はっきり言います。
花粉症を治すことは簡単なことです。
posted by 花粉症 at 08:32 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もし、あなたが「花粉症から楽になりたい!」

もし、あなたが「花粉症から楽になりたい!」

そう思うのであれば、、、

この情報は、きっとあなたにとって朗報になるでしょう。



もう悩まなくてもいい!花粉症・アレルギー体質から簡単に脱出する方法


先日、久々に私に危機感を与えてくれる冊子に出会いました。本当はその時、他にすることがあったのですが、最初の1ページ目を読んだら、あまりに衝撃的だったために、もう我を忘れて一気に読んでしまいました。


もう悩まなくてもいい!花粉症・アレルギー体質から簡単に脱出する方法
人生において危機感を持つことは大切です。そして対応策を考えたり見つけたりして、将来起こり得るその危機を回避した時に人は一歩前進すると思います。その一歩の積み重ねにより人生は豊かなものになっていくと私は考えます。

そういう意味では、私の人生を豊かにしてくれる冊子だと確信しています。

健康に関する冊子なのですが、自分の知識のなさに愕然としてしまいました。我々は儲け主義の企業の言いなりになって、大切な健康を失っているんだなあということを強く感じました。

例えば、シャンプーの話。

シャンプーにもしも毒性の物質が入っていたとしたら、きっと頭皮に湿疹ができたり抜け毛が多くなったりするんだろうなあ、と私はこれを読む前にはそう思っていました。

全然違います!そんな生やさしい話ではないのです!

医学的には常識らしいのですが、頭皮と内臓、特に子宮は密接につながりがあるそうです。そして頭皮から吸収された化学物質は肝臓を通らずに直接静脈に入り込み内臓や子宮に到達します。その間わずか40分です。これは大学病院の実験により分かったことです。

そしてシャンプーにはLAS(硫酸系界面活性剤)という毒物が入っているのです。毎日頭を洗う人は毎日この毒物を体内に取り入れているのです。

ある病院の先生によると、シャンプーを変えただけで生理痛が改善された女性が何人もいるとのことです。最近どんどん増えている子宮筋腫や子宮癌や子宮内膜症もこのことに関係あることは明白です。

「あるある」や「みのもんた」は絶対にこの冊子に書かれているような内容は口にしないでしょう。なぜならそのテレビ番組はスポンサーになってくれる企業側の不利益になることは番組の中で言うはずがないからです。それが社会の仕組みというものなのです。

「健康とサプリメントを考える会」の主宰者であり、この冊子の著者でもある湯浅敏弘さんは、こういった儲け主義の現状をこの冊子の中で斬って斬って斬りまくっています。これこそ真の情報です。

このシャンプーの話は体内毒素のほんの一例です。そしてこの冊子には、体内毒素の話のほかに、活性酸素や体内酵素やダイエットやサプリメントの話が出てきます。

私は以前この編集後記で書きましたが、活性酸素についてはかなり知っています。そして活性酸素さえマークしておけば健康は保てると思っていました。

とんでもない思い違いでした。今は反省して3回目を読んでいます。

-------------------------------------------------------------------

体内毒素は、どうすれば防げるのか?結局、毒性物質が入っていないシャンプーを使えばいいということなのですが、体内毒素はシャンプーだけが問題ではないのです。

歯磨き粉や化粧品にも毒性物質が含まれています。空気中にもダイオキシンが含まれているし、食品添加物も毒性物質だらけです。だから一切摂らないということはなさそうです。

私たちの身体にはそういった毒性物質を排除する機能が備わっています。しかし現代社会では毒の量が多すぎて排除し切れないのが問題なのです。従って重要なのはこの身体の機能をパワーアップしてやることなのです。

一番簡単なのはサプリメントを使うことです。こう書くと誤解されそうなので言っておきますが、三度の食事はもちろんおろそかには出来ません。そして食事だけでは摂ることができないものをサプリメントで摂るのです。(食事だけで全ての栄養素を摂ることは不可能に近いです。全て摂ったら必ず肥満になります。)

しかしこのサプリメントがまた問題です。コンビニや薬局で売っている物は「死んだ」サプリメントばかりだそうです。つまり効果がないサプリが氾濫しているそうです。サプリが人気があることを逆手にとった悪徳業者が多いということです。

著者の湯浅さんという方、私はいい意味でオタクだと思います。サプリメントオタクです。オタクは本物を追求します。本物のサプリメントとは本当に身体にとって有益であるサプリメントということです。

筆者はサプリメント選びのポイントとして次の7つを挙げています。

これだけの条件を満たすサプリを探すのは至難の業だと思いますがオタクの筆者は手間を惜しまずについに究極のサプリを捜し当てたのです。

私たちはラッキーです。筆者が長い年月を掛けて見つけ出した本物のサプリをこの冊子から知ることが出来るのだから。ぜひ読んで本物の情報とサプリを知って下さい。
もう悩まなくてもいい!花粉症・アレルギー体質から簡単に脱出する方法
posted by 花粉症 at 08:30 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉症を克服するため

花粉症を克服するため



もう悩まなくてもいい!花粉症・アレルギー体質から簡単に脱出する方法
追伸1
あなたが花粉症を克服するために私は、全てのものをこのノウハウにぶつけました。

運命を変えるのは実はとても簡単な事なのです
それを受け入れさえすれば良いのです
すでに実証済みのノウハウを継続して習慣づけて下さい。

行動を起こさなければなにも手に入りません。
 あなたが今起こさなければいけない行動は、この冊子にすべて書いてあります。
そして、それを忠実に実践するだけです。

         今年こそ花粉症のあの苦しさからサヨナラしましょう。


追伸2
この冊子の分量に驚いた方もいるかもしれません。
確かに普通の冊子の2冊分です。
しかし、それだけのページ数を必要とする程、
あなたに小手先の花粉症対策でない方法を知ってほしいからです。

もしかしたら、読み終えるのに2日、3日かかってしまうかもしれません。
しかし、私はこの冊子を真剣に、出し惜しみはしまいと必死に執筆致しました。

だから、あなたにも真剣に読んで頂きたいのです。

そして忘れないで下さい。先ほど約束したように、
365日、1年間の完全返金保証がある、と言う事を。
効果が上がらない、と感じたらメール1通送信するだけで、
冊子代金は全てお返しいたします。

返金をお申し出になられた時、
プレッシャーを与える事はありません。
理由も、一切伺いません。
嫌な想いは一切させない事を約束します。
あなたにリスクは一切無いと言う事を忘れないで下さい。

私は最高の冊子を書き上げました。

絶対の自信があるからこその完全返金保証なのです。

追伸3
私は、プロフィールの中にもあるように母の末期ガンがきっかけで
健康法や健康食品に関心をいだくようになりました。

これがひとつの転機であったと思います。

しかし、この業界を見てみると、あまりにも醜い儲け主義、非科学的なシステム、
国民の健康を考えていない規制と基準がない野放し状態。

こういったことに”義憤”を感じて、非力ながらも警鐘を鳴らそうという思いも込めながら
この冊子を発行いたしました。

わたしのように遠回りをせずにこの冊子の情報を手に入れて下さい。

私との出会いをキッカケに、
あなたの人生がより楽しいものになって頂ければ幸いです。

posted by 花粉症 at 08:29 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉症・アレルギー体質から簡単に脱出する方法

花粉症・アレルギー体質から簡単に脱出する方法

長年悩まされて来た花粉症が、そんな方法で改善されるなんて・・・



もういい加減毎年、薬を飲んだり、目薬をさしたり、マスクをしたりする小手先の花粉症対策はもうやめにしませんか?・・・
花粉症・アレルギー体質がカンタンに改善される方法を公開!

わずか、1週間・・・たったそれだけで長年悩まされて来た花粉症が改善される方法とは?
もし、あなたが望むのであれば、このページを読み進めて下さい。

「花粉症・アレルギー体質改善の極意・ほんとうは簡単な花粉症対策」のすべてを知ることができます。
私の花粉症克服方法を無料で公開しています。

あなたが、ぜんそく・アトピー・アレルギー体質であるならば・・・

その方法を知りたいと思いませんか?


長年悩まして来た「花粉症」が2年前から始めた「あること」により、改善されてしまったのです。

その「あること」とは? その方法とは?

花粉症に悩むあなたへ


これからお話する内容は、わたくしが実践し体験した方法です。







「花粉症がこんなに苦しいものとは思いませんでした、、、。グスッ」

新入社員歓迎会の席で背後から声が聞こえたので、振り返るとそこには、鼻声のA君が立っていた。

A君「今年から花粉症になったみたいで鼻水が止まらなかったり、そうかと思うと鼻がつまって息が苦しいです。」

わたし「ついにA君も花粉症仲間になったか。おめでとう!」

A君「湯浅さん、茶化さないで下さいよ。ほんとうに花粉症で苦しんでいるのだから。頭はボーとするし夜も鼻がつまって苦しいですよ。夕べなんかこのまま窒息して死ぬのかなと思いましたよ。」

わたし「そうか。それは大変だな。わたしなんか今年は快適だよ。ほら、鼻なんてつまっていないし、鼻水も出ていないよ。」

A君「ほんとうだ。どうしたんですか?今までは毎年この季節なるとティッシュが手放せないといってティッシュボックスを箱ごと持っていたのに。」

そうなんです。私は20年間花粉症に悩まされていました。

20年間ずっといろいろな健康食品を試してきましたが結果は同じでした。

私の花粉症の症状は鼻水が止まらずティッシュ箱が1日で無くなる程です。

しかも鼻づまりがひどく、呼吸が出来ないので夜中に何度か起きてしまい、このまま窒息するのではないかと恐怖にかられたこともありました。

それが、今では花粉に悩まされることもなく、鼻どおりもよくティッシュを使うこともほとんどなくなりました。夜もぐっすり眠れます。


それはある方法のおかげです。

そこで私は、A君にこのある方法を教えることにしました。

その後、A君は花粉症に悩む事もなく、ルンルン気分であることは言うまでもありません。



もし、あなたが花粉症でお悩みなら少しだけお時間をとって最後まで読み進めてください。
あなたの花粉症の悩みををなくす方法をお教えします。

毎年、花粉症の季節になると現れるこれらの症状




* □ くしゃみがとまらない。
* □ 水のような鼻水が垂れ流し状態。
* □ 鼻がつまって息ができない。
* □ 口で息をするのでのどがかわく。
* □ のどが痛くなる。
* □ ほこりも吸うせいか、セキもでる。
* □ 頭がボウとして思考が止まる。
* □ 医者からもらった薬を飲むと眠くなる。
* □ 薬の副作用が心配。
* □ この時期はコンタクトを入れられない。
* □ 目がかゆくて目をこするので白目が充血している。
* □ 鼻をかんでも鼻がつまっていて鼻がかめない。
* □ 鼻をかみすぎて鼻が赤くはれてひりひりする。
* □ 無理にして鼻をかむので耳が痛くなってきた。
* □ 無理してかむので鼓膜がやぶれそうだ。
* □ 頭痛に悩まされる。
* □ ひどい時は発熱もする。
もう悩まなくてもいい!花粉症・アレルギー体質から簡単に脱出する方法



申し遅れました。
わたくしは、健康とサプリメントを考える会の湯浅敏弘と申します。
わたくしもこのような症状で20年間も悩まされてきました。

ですので、あなたのつらさはとてもよくわかります。
また、ハウスダスト(ほこり)のアレルギーもあって部屋の掃除をするとくしゃみが止まらなくて困りました。
下手をするとほこりの事を考えただけでもくしゃみが出ました。

で、わたくしもこのつらさを何とかしようと花粉症対策の方法をいろいろと探し回りました。

例えば、以下の方法など。



□抗ヒスタミン剤やステロイド注射 □減感作療法 □レーザー療法 □鼻うがいや鼻スプレー □クロレラ、ローヤルゼリー、乳酸菌、シソエキス、トマトエキス、青汁などの健康食品 □ヨーグルト、にがり、甜茶、アロエ、キウイフルーツ、シジュウム茶、グァバ茶、ハーブ茶などの食品類などなど


こういったもので確かに症状が軽くなったり、症状を止めるものもあります。
しかし、これらで根本的に改善されたのでしょうか?
次のシーズンも症状が出なくなったでしょうか?
下手すれば全く効果がないものだってあります。

いやむしろ効果がない位の方が体にはいいのかもしれませんが、、、。

抗ヒスタミン剤やステロイドなどは、確かにてきめんに効果が現れます。
でも、副作用がこわくありませんか?

薬は症状を無理やり抑えているだけです。
なぜなら、薬の効き目が切れればまた症状が現れるのです。

要は対処療法に過ぎないわけです。

花粉症は、単に花粉症の症状が現れているという単純なものではないのです。

あなたに花粉症という症状が出ているということは、体の代謝異常だということなのです。

これは、どういうことだと言いますと、次のようなことなのです。

同じことは、花粉症に限らず、ぜんそく、アトピーなどの「アレルギー」全般にもいえることです。

症状がからだに出るということは、いち花粉症という問題だけではないのです。

からだのアラーム信号だと思って下さい。

花粉症になるということは、からだの代謝異常ですから、代謝異常の最たるものであるガンについても視野にいれる必要があります。


「花粉症対策」を行うことは、「からだの代謝異常」を対策することにも通じることなのです。

ですので、表面に現れている花粉症の症状に対処するのではなく、 根本的な体の改善をする必要があるのです。

大事なことは、

アレルゲンが体内に侵入してきても「アレルゲンに反応しない免疫力を作る」ということなのです。

日本で一般に言われているアレルギーを改善するというのは、

@アレルギーによる炎症を抑制する
Aアレルゲンの侵入を防ぐ

この2点に対応しているのにすぎないのです。

*アレルゲンとは?

花粉症やぜんそくなどのアレルギー反応を引き起こす原因となるものをいいます。
例えば、スギ花粉やハウスダスト、ダニの死骸など。
本来は、体内に侵入しても影響がありません。


このように今までの花粉症対策というのは、実は単なる「花粉」対策なのです。
(極端に言えば、、、。)

アレルギーを改善するというのは、「アレルゲンに反応しない免疫力を作る」ことをしなければならないのです。

根本的なアレルギーの改善につながる「花粉症対策」をしましょう!

それには、どういったことをするのかといいますと、

それは、

ご安心下さい。

その方法は、ちゃんとここにご提示しますから。

期待をさせといて「その方法は、別途こちらで」とは、いいませんから。(笑)

それは、


ズバリ「食事療法」、「栄養療法」なのです。

「食事療法」ということで皆さん取り組むのですが、

しかし、長続きしないのです。

それはなぜか?

めんどうくさいのです。大変なのです。

ほんとうは、昔の日本人の食卓にあがっていたような食事をしていれば、花粉症なんてものはなかったたのです。
もっと言えば、ガンをはじめ生活習慣病だって今のようにこんなになかったのです。
でも、昔のような食生活できます?

しかも、花粉の季節だけでなくこれから一生ずううとやって行かなければならないのです。

もちろん、理想の食生活を送ることができるのであれば、それが一番ベストです。
しかし、この現代社会においては非常にむずかしいのです。
たまには、外食をしたり、コンビニの弁当を食べたりすることもあるでしょう。
というか、日常的になっているでしょう。そういう食生活が。

今は、理想の食生活が送れていないから、花粉症にかかる人がものすごく増えているのです。

でも、花粉症を根本的に改善する「アレルゲンに反応しない免疫力を作る」ことができる簡単な方法があれば知りたいと思いませんか?

食生活が乱れ、ストレスも多い現代人は誰もがアレルギー予備軍です。
「今までは大丈夫」と思っていた人も突然花粉症になる、なんてことだってあります。

そこで体質改善のためにと、バランスの良い食事をこころがけるようにしたりします。
(もちろん、他には、からだや部屋を清潔にしたり、睡眠と適度な運動も大切です。)

本来なら食事から良質の栄養素が摂れればいいのですが、この現代社会では、まず無理。

ならば、サプリメントや花粉症に良いといわれている健康食品やサプリメントを試してみることになると思います。

でも、そんな宣伝文句どおりに花粉症が改善したってことありますか?

中には良くなったという人もいるかもしれませんが、はっきりいって、ほとんどの人はダメだったのではないでしょうか?正直言って、わたくしがそうでした。
実は、あなたもそうではありませんか?

長年わたくしを悩ましてきた「花粉症」が2年前から始めた「あること」により、改善された方法です。

わたくしの、自己紹介をさせて下さい。


さそり座のA型、東京生まれです。
その後、父の仕事の関係で群馬県に引っ越し、そのまま群馬県人に。

大学では中国語を勉強してきました。
商社に入社して中国関係で仕事をしたいと思い、機械関係の専門商社に入りましたが配属されたのは、国内の営業でした。
ですので、中国語を全く生かすことができない仕事に就いてしまいました。とほほ。(T_T)

転勤の多い会社で東京を皮切りに、横浜、上田、松本と転勤をしました。
その間、母がガンで入院。
週末は、母の入院にする病院に通ってました。

わたくしが健康食品というものに興味を持ち始めたのは、このころでした。
母は末期がんのために、もう手術をすることもできず亡くなりました。

当時は、西洋医学以外のものは民間療法といったもので、ほとんどが怪しげなものばかりでした。
西洋医学で治癒の見込みがない場合は、藁にもすがる思いで、そういった民間療法に手を出すしかなかったわけです。
今のような健康食品といったものは、なかったのです。
当時、信頼が置けそうな物は、唯一、丸山ワクチン位でした。

その後、病気になってから治すのでなく、病気にならないようにすることが大事だということがわかり、いろいろな健康食品といったものを試したり、勉強をしてきました。

そんな中で、日本の健康食品業界のいい加減さ、もうけ主義なこと、規制の多い行政側の怠慢さ、が見えてきました。
それに対し、アメリカのサプリメント業界の先進なことに気づきました。
その頃、わたくしの子供がちょうど幼稚園の年少組の時、小児喘息でした。
早速、アメリカの幼児用のサプリメントを取り寄せ、試したところ、効果があることがわかりました。

また、その頃わたくしは、会社の仕事が忙しく朝出勤をして帰りが深夜の12時過ぎで、週末も残務処理をこなしに会社に行っていました。
そんな生活パターンを送っていましたので、健康診断でも「要注意」がついていました。
わたくしも子供がのんでいたのと同じ会社の大人向けのサプリメントをのんでいました。

すると、次の年の健康診断では要注意でひっかかるところがなくなってしまいました。
それと、肥満気味と診断結果に出ていたのもなくなり、健康体になりました。

これには、驚きましたし、うれしかったですね。

この頃、分子栄養学というものを知り勉強を始めました。

人間に必要な栄養素が十分にからだに行き渡ると、人間が本来持っている自然治癒力により、からだが病気を治すんです。

特定の栄養素が病気を治すんではありません。

ここまで、あなたが読んできますと何か特定の健康食品やサプリメントを売りつけるのではないかとお思いになるかもしれませんね。

そういったことはありませんので、どうかご安心下さい。

むしろ、日本のサプリメントや健康食品などの業界に対して「警鐘」を鳴らしたいと思いこのサイトを立ち上げました。

日本の業界を見てみると、あまりにも醜い儲け主義、非科学的なシステムであり、国も、薬害エイズや薬害肝炎問題に現れているように、国民の健康を考えていない規制と基準がない野放し状態を放任しているのではないかと思われるのが現状です。(実際そうなんですが。)

世間で言われているような、小手先の「花粉対策」ではなく、もっと根本的な「花粉症対策」。

もっと言えば、ここでお話するのは、花粉症ということではなくあなたの「からだの危機」からあなたを救うというお話なのです。

そこがわかれば、結果として表面に現れている「花粉症」というものもなくなっていることに気がつきます。

あなたが考えているようなサプリメント(健康食品も含めて)なんて摂らないで下さい。

サプリメントは、病気を治しませんから!

世の中には、からだを良くするどころか、からだに悪い添加物だらけのサプリメントが多いのですから。
健康のためにサプリメントを摂っているのに、健康に悪いなんて、ブラックユーモアの世界です。

なので、ここでお話している内容は、花粉症に便乗して不当に利益を得ている業界を敵に回すことになるので、いつこのサイトが、そういった妨害に遭い、閉鎖されてしまうかわかりません。

とにかく、興味があるのなら、このサイトが閉じられないうちに読み進めて下さい。

ところで、
今思えば、わたくしは小学生の時は、小児喘息でした。その小児喘息も中学生になると、いつのまにか?治ってしまいました。

これは、今思うと生活環境が変わったのとスポーツをして自分のからだに抵抗力がついてきたからなのかもしれません。

でも、鼻づまり状態は、あることを試した2年くらい前までずうと続いていました。特に春先くらいになると、鼻水が出てティッシュが手放せない状態になるのが恒例でした。

やはり、根本的なアレルギー体質は改善されていないということなのでしょう。

症状がなくなっても気道の過敏性は残っているという研究結果もあります。


子供のころは、蓄膿なのかな?と思っていましたが、耳鼻科で診てもらうとその頃は、「アレルギー性鼻炎」 と言われました。

喘息もアレルギーの1種です。
だから、自分はアレルギー体質なのだと思っていました。
「花粉症」はここ最近の現象のように思われているようですが、実はむかしからあったのではないかと思います。

以前は、「アレルギー性鼻炎」で片付けられていたのではないかと、、、。

今年80歳になるうちの父は、よく言います。
「昔は花粉症なんてなかった」と。
「杉の木がたくさんある中で遊んでいたが、なんともなかった。」
でも、そのころの子って、鼻をたらしている子が結構多かったのです。わたくしは、昭和30年代の生まれですが、やはり「あおっぱな」をたらしている子がいました。

もしかすると、それが今で言う「花粉症」であったのかも、、、。

いずれにしても、長年わたくしを悩ましてきた「花粉症」が2年前から始めた「あること」により、改善されてしまったのです。

その「あること」とは?

この方法を使えば、あなたの花粉症体質が抱えていた以下の問題を解消できることでしょう。




□外出時にマスクを使う必要がなくなります。

□ティッシュを箱ごと持って歩く必要がなくなります。

□人前でくしゃみを連発して恥ずかしい思いをすることはありません。

□鼻をかみすぎて鼻のまわりが赤くなることはありません。

□病院に通って治療費を払う必要はなくなります。

□薬の副作用を心配する必要はありません。

□高額な健康食品にお金をつぎ込む必要がありません。

□頭がボーっとして勉強や仕事に集中できなくなることはありません。

□花粉症情報を求めて花粉症難民にならずに済みます。



どうです。こんな生活を送りたいと思いませんか?

正しい方法を使えば、あなたもこのような生活を送ることができるのです。

ここでなぜ、わたしが体験したこの方法が良いのか、理由をお教えしましょう。

あなたは「栄養療法」をご存知でしょうか?

1930年代にマックス・ゲルソンという医学博士が、「ゲルソン療法」と呼ばれる食事によるガンの治療法を開発しています。

その後1970年前後に、ノーベル賞を二度受賞したライナス・ポーリング博士が「分子矯正医学」、ロジャー・ウイリアム博士が「正常分子栄養学」と呼ばれる栄養療法を発表しました。

また、栄養学を基にしたビタミンなどのサプリメント(栄養補助食品)療法の第一人者として、米国始め世界から高い支持を集めているジョナサン・ライト博士の言葉をお読み下さい。




「もしすべての人が非常に内容のある食事をしているとすれば、栄養療法はあまり必要ないものだと思います。

しかし、現実には、毎回の食事で有害な物質が加えられたり、栄養素をロスしていたりする食品を口にする機会は非常に多いということが実態だと思います。

 もし一番いい健康状態を望むとすれば、一番いい食品とか、一番純粋な水とか、そういうものを口にするというのが一番有効な方法だと思います。

(以下略)」





花粉症・アトピーなどのアレルギーは、Th2細胞という免疫細胞が必要以上に活発となり「ヒスタミン」が過剰に分泌され、炎症が進むことで発症します。

ですので、抗ヒスタミン剤を投与して炎症を抑えようとするわけです。
しかし、これは、現れた症状に対して対処しているだけで根本的な治療にはなっていないのです。

最近の研究では、癌などと戦うナチュラルキラ−細胞(NK細胞)を活性化させることにより、Th2の活性化を抑え、免疫力のバランスが取れてアトピーや花粉症などのアレルギーにも効果があることがわかっています。

なので、花粉症・アトピーなどのアレルギーに対処するのは、免疫力のバランスをとることが非常に大事なのです。

わたくしのこの方法は、最近の研究にかなったやり方なのです。

詳しくは、レポートの中でお示ししています。

また、「食生活の改善」ということも花粉症・アトピーなどのアレルギーに大切だということも最近の研究であきらかになっています。

鹿児島大医学部の研究によりますと、

アトピー性皮膚炎の治療法として、脂肪や糖類の摂取を控える食事指導とビタミンC、ベータカロチンなど抗酸化物質の投与を組み合わせると、重症患者が著しく改善されることがわかりました。

これまで治療した約200例のほぼ全員で効果を上げているそうです。

この研究によりますと、栄養学的な問題から免疫機能が異常になっているのではないかと、患者の血液を調査しました。

すると、アトピー性皮膚炎の患者では正常な人に比べ脂肪や砂糖の代謝能力が落ちており、過剰に摂取していることがわかりました。

また、炎症時に体内に生じる活性酸素を除去するSOD酵素の働きが弱いことも突き止めました。

このため、患者に対し、植物性の脂肪と砂糖、タマゴ、牛乳の摂取を控え、魚や野菜を多く食べてもらうよう食事指導をしました。

さらに、活性酸素を除去する抗酸化の働きのあるビタミンC、ベータカロチン、ビオチンなどの服用を3〜5ヶ月間続けました。

そうしましたら、症状が著しく改善したそうです。

ステロイド投与で効かなかった難治性の患者に対しても、この方法は顕著な効果がありました。

ですので、花粉症などのアレルギー体質を改善するのには、食事療法が有効な方法であるといえます。

しかし、野菜などからは、昔に比べて必要な栄養素が減少しています。
(なぜなのかは、レポートの中で詳しく述べています。)

このことが、今、花粉症などのアレルギ−が蔓延している原因のひとつではないかといわれています。

あと、ここで言っておきたいのですが、マーガリン・ショートニング等の体によくないトランス脂肪酸を多く含む植物加工油を食べるのはやめて下さい。
(なぜなのかは、レポートの中で詳しく述べています。)

もうひとつ、花粉症などのアレルギー体質を改善するのに大切なことをお話しておきましょう。

それは、「腸内環境の整備」です。

先ほどお話したTh2細胞という免疫細胞は、人体各所の粘膜部分で見張り役をしています。
ですので、腸の中でもTh2細胞は見張り役をしています。

そこに未消化のタンパク質が入ってきますとこのTh2細胞が活性化します。
でも、あまりたくさん入ってきますと、必要以上に活発となったTh2細胞の指令を受けて、「ロイコトリエン」や「ヒスタミン」が過剰に分泌され、炎症が進んでしまうことになります。

すると、腸の表面が荒れて、網目が荒くなると、完全に消化が進んでいないたんぱく質も吸収してしまい、Th2細胞が活性化します。

これを防ぐには、腸内細菌のバランスを整える善玉菌や善玉菌の餌となる食物繊維を摂取することが大切です。

なので、「花粉症にはヨーグルトがいい」ということになるのですが、ここで注意をして下さい。

市販のヨーグルトは、ビフィズス菌のみで醗酵されています。

ビフィズス菌は増殖の過程で大量のビオチンを消費するため、ビオチン不足になり、かえって肌に良くありません。

*ビオチン 皮膚炎を予防することから発見されたビタミン様物質。 ビタミンHとも呼ばれるビタミンB群の1つ。アトピーの治療にも使われる。

腸内細菌のバランスを整える善玉菌や善玉菌の餌となる食物繊維を摂取する「簡単な方法」もこの冊子の中で提示しています。

花粉症・アトピー等のアレルギーは、からだの代謝異常によって引き起こされるものです。

ですので、その原因を理解し、正しい方法で対処すれば花粉症・アトピー等のアレルギーは、必ず改善します。



わたくしのレポートで正しい方法を知って下さい。

「花粉症を改善したい!」と、言う方のために、特別レポートにその方法をまとめました。

このレポートでは、なぜその方法が「花粉症」に対して有効なのか、それをお話させていただきます。

そのなぜなのかが理解できていれば、もうほかの物に目移りして無駄なお金と時間を費やすこともなくなります。

それとその「あること」を手に入れるための方法についてもこのレポートの中でお話させていただいております。

ですので、早い人でしたら1週間くらいでそれを手にいれることも可能です。

もっとも、それを手に入れてもすぐに花粉症が改善されるわけではありません。
まして、特に花粉が多い季節ですと、効果があらわれるまで時間がかかることをご理解下さいね。

ただ、早い人ですと、花粉症以外のところで、からだの調子がよくなった効果をすぐに体感される方もいらっしゃいます。


このレポートでは、「なぜ花粉症になるのか」から「花粉症に対応するのにはどうすればよいのか」すべてをお話します。
こういった根本的なことを理解していないと、どうしても抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤などの薬による対処療法に頼る方法になってしまいます。

こういった知識を持った上で、じゃあ具体的にはどうするの?という実践的な答えがこのレポートに示されています。

小手先の”花粉対策”ではだめなんです。

ですので、”花粉対策”ではなく、これから先、ずうとからだの調子をよくするための方法”花粉症対策”をこのレポートにまとめました。


もう高額な健康食品やサプリメントを購入する必要はありません。

めんどうな食事療法は必要ありません。

空腹を我慢したり、食べたい物が食べられないような食事制限はいりません。

もちろん、薬物を使うわけではないので、高額な医療費や副作用の心配はありません。


このレポートの内容を一部紹介すると・・・

□なぜ花粉症になるのか?
 これがわかっていないといつまでも花粉症から逃れることはできません。

 今までのやり方は、一体何だったのだろう?。これを知るのと知らないのでは大きなちがいです。

□花粉症とあるものの深い関係とは?

 知っているようで知らないあるものとの関係とは?

 これを知らないがために従来の方法では、片手落ちだったのです。

 従来のやり方では、このうち1つか2つのやり方だけだったのです。

 これだと根本的な解決にはつながりませんので、花粉症の改善にはつながりません!

  □ズバリ!花粉症対策はこれだ!!

 花粉症の症状を改善するということは、糖尿病などの生活習慣病、もっと言えば、ガンのリスクを
 回避することに通じることなのです。

 そういったことをズバリお話させていただきます。




ここで裏話を。

実はこのレポートは、当初書き始めた時は、ほんの数10ページでまとめるつもりがA4サイズで100ページになってしまいました。
書き始めると、大切なことをお伝えするためにどうしてもこれだけの分量になってしまいました。

この花粉症対策のレポートは、もうひとつのPDF冊子「サプリメント選びで失敗しないための法則」(A4 114ページ)とセットになっています。

まず、PDF冊子「サプリメント選びで失敗しないための法則」を読んでこれの内容を理解した上でこのレポート「もう悩まなくてもいい!花粉症・アレルギー体質から簡単に脱出する方法」をお読み下さい。

そうしますと、内容をより理解していただけるようになります。

・PDF冊子「サプリメント選びで失敗しないための法則」とは何か?

PDF冊子「サプリメント選びで失敗しないための法則」は、わたくしが毎週発行しているメールマガジンのバックナンバーをまとめ再構成したものです。

メールマガジン「サプリメント選びで失敗しないための法則」

メルマガ「サプリメント選びで失敗しないための法則」は、原則バックナンバーは公開していません。
しかし、バックナンバーを読みたいという声が前から多かったのです。
そこで、バックナンバーを読みたいという熱心なご要望にお答えしようと思いました。
このバックナンバーだけでもある人を2万円から3万円の価値があると言わしめた内容です。


もともと花粉症対策のレポートは、バックナンバー版「サプリメント選びで失敗しないための法則」に付随するオリジナル特別レポートという位置づけで書き始めたものです。

当初は、50〜60ページくらいにまとめるつもりでしたが、どうしても書いておくことがあり、気がついたら100ページのボリュームになってしまいました。(^_^;)

ですので、わたくしのPDF冊子として「サプリメント選びで失敗しないための法則」+「もう悩まなくてもいい!花粉症・アレルギー体質から簡単に脱出する方法」という2本立てセットとなりました。
2冊分の冊子です。

あえて2冊セットにしているのは、「花粉症対策」を真剣にするのであればどうしても「サプリメント選び」の内容も理解していただきたいのです。

でも、それだけの価値があるの? 確かに、値段を見ると市販の本と比べると高いです。

サプリの本や栄養学の本や花粉症の本、2〜3冊は買えてしまいます。

しかも、だいたいのことはネットで調べれば出てくるが、内容がそういうのとどれだけちがうのか、わからないから心配だと思います。

確かにそう思われるのは当然だと思います。

しかし、逆に今まで市販のサプリの本や栄養学の本や花粉症の本を読んで花粉症が改善しましたか?

具合がよくなっていますか?

読んだだけで安心しているのではないでしょうか?

また、「だいたいのことはネットで調べれば出てくる」

確かにそうでしょう。
でもしょせんは「だいたい」のことだけなのです。

確かにまちがってはいないでしょう。
しかし、中には全くの「がせネタ」もあります、、、。

あっても断片的なのです。
一般論だけなのです。

「体質を変える乳酸菌が良い」「甜茶がいい」「カテキンで抗アレルギー」「シソ葉が花粉症に」、、、、

様々な情報があふれています。

そんな情報に翻弄されているのが実情ではないでしょうか?
まさに<あるある>や<みの>であっちにフラフラ、こっちにフラフラの「根無し草」です。
マスコミの流すいわゆる「健康バラエティ番組」の「不健康」情報に惑わされているのですよ!

ですので、あなたには、どうしても冊子「サプリメント選びで失敗しないための法則」と合わせて読んでいただいて理解して「実践して」いただきたいのです。

それで、2冊のセットでの販売という形をとっているのです。

PDF冊子「サプリメント選びで失敗しないための法則」+PDF冊子「もう悩まなくてもいい!花粉症・アレルギー体質から簡単に脱出する方法」は、合わせて合計214ページのボリュームになります。

この冊子を読むことであなたは、以下のメリットを享受できます。




1.この冊子を読むことで、もう「あるある」や「みの」、「スポスポ」に惑わされずに済みますので、「サプリメント難民」でなくなることができます。

これは、どういうことかといいますと、
「サプリメントをなぜ摂るのか」という大前提を理解していないということです。
この大前提を理解していないから、あっちにいったり、こっちにいったりする「サプリメントジプシー」になってしまうのです。

栄養学やサプリメントについて基礎的なことがわかれば、こういったことはなくなります。

2.この冊子を読むことで、サプリを選ぶための基準がわかるようになりますから、無駄なサプリメントに膨大なお金をつぎ込み、それ故に健康上、もっと言えば人生上のリスクを大きくすることがなくなります。

また、

3.花粉症に悩んでいる方には花粉症の症状から開放されるのはもちろん、同様に花粉症の症状が改善するということは、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病、もっと言えばガンのリスクを回避することに通じるのです。

こういったことが理解していただくことができますし、また実践していただくことができます。




考えてもみて下さい。
あなたが今まで花粉症に対して払ってきた代償を、、、。

特に長年花粉症に悩まされてきた方にとっては、その金額は1万や2万ではないと思います。

また鼻水が出たり鼻がつまったりして頭がボーとして仕事の能率も下がったことでしょう。

そういったリスクを考えた上でこの冊子の購入をご検討下さい。

はっきり言って、この冊子への投資の方がはるかにリスクが少ないと思います。

それと、これはわたくしを信頼してご購入していただくあなたへ約束したいと思います。

それは、もしこの冊子を購入して、ここに書かれていることを実践したのにもかかわらず、何の効果、成果もあなたが得られなければ、購入して1年以内であればこの冊子購入代金を返金いたします。

その場合、この冊子は返品されなくても結構です。

わたくしを信用して購入していただいた証しとしてそのまま差し上げます。

ですので、わたくしがリスクを被ります。
あなたには、何のリスクもないのです。
たったひとつの決断が人生を大きく変えることがあります。

わたしの回りでも花粉症で悩んでいる人がたくさんいます。
そして、今わたしは、この花粉症対策のノウハウで困っている人を救いたい。

今回ひとりでも多くの花粉症に悩んでいる人の助けになればと思い緊急レポートとして花粉症対策ノウハウを出版することにしました。

この花粉症対策ノウハウで人生を変えませんか?

■この方法で改善された方の体験談です。

▽喘息が大変楽になりました。

以前はアルデシンというステロイドの吸入剤による治療法を行っていました。
(喘息の治療法では最新のものです)
ステロイドはその副作用から敬遠されがちですが、肺から体内に吸収される率は錠剤の服用に比べかなり低く又、直接患部に作用し気管支の石灰化を防ぐ事が出来ると説明されました。
しかし、ステロイドに違わないわけでいつも副作用の不安を抱えて吸入をしていました。
前置きが長くなってしまいましたが●●●●●●に出会って、
試してみたところ1週間くらいで肺が楽になって、アルデシンの吸入をしないのが2週間ほどになっても喘息の発作が出る事も無く、快適に過ごす事が出来ました。

ちなみに一緒に食べていたのが●●●●●●●と●●●●●●です。

あの忌まわしい吸入剤から開放されるかと思うと精神的にもとてもプラスになります。素晴らしい効果ですね!(愛知県・32歳・Kさん・男性)


▽花粉症の体験談

私は17年間花粉症に悩まされていました。
17年間ずっといろいろな健康食品を試してきましたが結果は同じでした。
私の花粉症の症状は鼻水が止まらずティッシュ箱が1日で無くなる程で、連続クシャミ、それも豪快なクシャミで猛烈な鼻づまり、夜中に何度か起きて呼吸が出来ないのでベッドの背もたれに座ったまま朝まで寝たり、
耳の奥がかゆくて辛かったり、目も充血しててかゆくて網膜剥離になるんじゃないかと心配する程だったり、
大きなマスクして花粉症用のめがねをかけて帽子をかぶってから外出しても同じなんですよね。
洗濯物も家の中に干したり、家族の協力を得て外出から帰って来るときは服に付いた花粉を叩き落として中に入ってもらったりもしましたが、結果は同じでした。
●●●●●●●●●●●●●と●●●●●●●●をとりはじめ、周りでは毎年のように花粉に悩んでいる方がいる中、私は今年は花粉は飛んでくるのかも分からないくらいになりました。
まだ信じられないんですが、やっぱりこの方法のおかげです。感謝しています。(佐賀・匿名希望・女性)


▽花粉症

私は今年の5月(1999年)のある日、突然激しいクシャミと共に鼻水が出始め、水道の蛇口が壊れたみたいに鼻水が出っぱなし状態になり、ティッシュの箱があっという間に空箱です。
横になるときには、ティッシュを丸めて鼻に詰めて寝る始末、たまりかねて医者に行きました。
検査の結果、アレルギー性鼻炎。
立派な花粉症とのこと。
(ただし、来年の同時期にならないと花粉の特定はできないと言われました。)
1週間分の薬を頂き、少しは楽になるも、根本的に治ったわけではなく、2週間目の薬を飲もうとしていたところ、
●●●●●●●の●●●●●●と●●●●●●●●の組み合わせが良いとのこと。
早速試したところ、なんと壊れた水道が治ったように2時間後にはピタッと嘘のようにクシャミと鼻水が止まったのです。
もうびっくり不思議体験です。専門的なことはよく分かりませんが、聞くところによるとこの2つは免疫力を素晴らしく向上させるとのこと。
信じられない思いと共に、何となく納得しながら●●●●●●●に感謝!(神奈川・S.Y・50代男性)
-------------------------------------------------------------------

更に喜びの体験談です。

-------------------------------------------------------------------
私の子供(男21歳)は小さいときから時々アトピ−性皮膚炎の炎症が出ることがありました。
それが20歳を迎えたころからの食生活の変化(タバコ・酒・不規則な食事)をきっかけに、一気に症状が悪化してしまいました。
顔といわず手と言わず全身にアトピ−が広がり、人前に出ることも出来ず、本人は電車に乗るのも嫌がるような状態にまでなってしまいました。
医者の治療をうけるも一進一退で、本人にとってつらい日々が続きました。
(中略)「●●●」をとりはじめました。もちろん、食生活にも気をつけ、水にまでこだわりました。
同時に今まで頼っていた治療薬のステロイド剤を徐々減らしていったのです。そして1年後の今、ほとんど普通の生活を送れるようになりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すごさを実感しました。
実は私は乾燥アレルギーで空気が乾燥するといろんな皮膚障害がおきます。
ですので、冬は空気がとても乾燥し、今年の冬は最悪でした。
それがずっと直らす困っていたのですが、
●●●を試したところ、
2日で直ってしまったんです。
6ヶ月以上も苦しんでいた湿疹がたったの二日でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎年、花粉症で大変だった妻が、今年は、お陰で、 この季節を楽に過ごすことが出来ました。
花粉の多い日は、●●●を
パジャマの胸元に一滴たらして寝ると翌朝は、 すっきり目覚める事が出来ると大変喜んでします。
また、アトピー(かさかさ肌)で、全身痒がっていた長男にも、 ●●●を2・3日飲ませたら、ウソのように、痒みがなくなりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この方法を知る前は、毎年冬になると2〜3回は
風邪をひいていたのですが、●●●と●●●を取りつづけて いましたら、昨年はそれがなくなりました。
それと、ガンコな口内炎が見事に消えました。
また、毎日パソコンを使用してますが、目のつかれや、 肩こり腰の痛みがほとんどなくなりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎年、花粉症で大変だった妻が、今年は、この方法のお陰で、 この季節を楽に過ごすことが出来ました。
花粉の多い日は、●●●を パジャマの胸元に一滴たらして寝ると翌朝は、 すっきり目覚める事が出来ると大変喜んでします。
また、アトピー(かさかさ肌)で、全身痒がっていた長男にも、 ●●●を2・3日飲ませたら、ウソのように、痒みがなくなりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この方法を知った時、『ほんとに効果あるのか?』  と思っていましたが、・・・・・・・
花粉症に悩まされていたころ、●●●飲んで寝ると、次の日には、くしゃみ、鼻水 がピタッと止まりました。
こんなに効果があっていいのか?と思うぐらい効きました。
その他、疲れが翌日に残らなくなり、寝起きが良くなりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20年ほど前から化膿症の皮膚炎(病名は大学病院でも不明)に悩まされていました。
そして特に疲れている時や睡眠不足の時は症状がひどかったのです。
どこの病院に行っても渡される薬は化膿止めの抗生物質でしたので、この方法を試してみたところ、信じられないほど状態が良くなり、
また「●●●」が肌には特に良いものと聞いて試してみると、さらに素晴らしい効果をみることが出来ました。
ーーーーーーーーーーーーーーー

私の息子(男21歳)は小さい頃から時々アトピー性皮膚炎の炎症が出ることがありました。
それが20歳を迎えた頃からの食生活の変化(タバコ、酒、不規則な食事)をきっかけに、
一気に症状が悪化してしまいました。
顔と言わず手といわず全身にアトピーが広がり、人前に出ることも出来ず、本人は電車に乗るのも嫌がるような状態にまでなってしまいました。
医者の治療を受けるも一進一退。本人にとって、辛い日々が続きました。
 そんな折、この方法を薦められ、栄養学に詳しい方からのアドバイスも参考にして「●●●」、「●●●」、「●●●」、を摂り始めました。
もちろん食生活にも気を付け,水にまでもこだわりました。そして一年後の今、ほとんど普通の生活を送れるようになりました。
栄養のバランスの大切さを学びました。これからはもっと予防に気を配った生活をしていきたいと思っております。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



冊子「サプリメント選びで失敗しないための法則」は、
いわば健康を手に入れるための「情報冊子」です。
また、冊子「もう悩まなくてもいい!花粉症・アレルギー体質から簡単に脱出する方法」は、上記の「情報冊子」で学んだことを実践していただくための「マニュアル」です。「取り扱い説明書」になります。

この2冊であなたは、“オプティマル(スーパー)ヘルスを手に入れることになるのです。

単に「病気でない状態」をヘルスといいます。
これは、病気になる直前の人も含まれます。

“オプティマルヘルス”とは、心も身体も生き生きとしていて、人間として最高(オプティカル)の健康状態であることをいいます。


PDF冊子「サプリメント選びで失敗しないための法則」(114ページ)+PDF冊子「もう悩まなくてもいい!花粉症・アレルギー体質から簡単に脱出する方法」(100ページ)
(合計214ページの大作です。(^_^;))
販売価格10,500円(税込み)

特報!!今なら期間限定で特別価格5,000円で提供いたします。
もう悩まなくてもいい!花粉症・アレルギー体質から簡単に脱出する方法




長年悩まされて来た花粉症が、そんな方法で改善されるなんて・・・
posted by 花粉症 at 08:28 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
花粉症を克服できる