最近の記事
2011年03月13日

花粉症“スッキリ”克服プログラム 『花粉★バスター』

花粉症“スッキリ”克服プログラム 『花粉★バスター』

花粉症“スッキリ”克服プログラム 『花粉★バスター』
今年は例年よりもさらに花粉の飛散量が増えています。

もしかしてあなたは
「花粉症は一生治らない」
「これよりもっと症状がひどくなったらどうすればいいのか・・・」
と悩んでいませんか?

実は私も3年前まで
花粉症は根本的に治らない病気だ」と100%信じていました。

ところがある方法に出会ってから、それまで苦しめられていたのが
全くウソだったかのように、花粉症の症状が出なくなったのです。

もうかれこれ3年以上、マスクなしの快適な生活を送っています。

もしあなたも、
「この辛い花粉症からスグにでも解放されたい」とお考えなら
是非、今から5分ほどお付き合いください。

花粉症の原因と改善の手順をお話したいと思います。


花粉症改善のアドバイザーをしている須永と申します。

もともとは私自身が重度の花粉症だったのですが、
あるきっかけでそれを完全に克服することに成功し、

今では毎年100名以上の、同じように花粉症の悩みをもつ方々の相談にのっています。

これまでは私が発行していたメルマガからのお問い合わせや
知人・友人からの紹介を通してが殆どでしたが、
今回、新たにページを立ち上げることにしました。

このページを私が開設した一番の理由、それは
花粉症で苦しんでいる人が最近あまりにも増えているから。

そして、花粉症のツライ症状を少しでも早く改善し、
楽しい毎日の生活を取り戻していただくためです。


「でも、毎月病院に行っても全然良くならないし…」
「花粉症はアレルギー体質が原因だから私には無理では…」

という声が聞こえてきそうですが心配はいりません。


昨年もアドバイスした120名近くの方ほぼ全員が
ご自身の花粉症を克服または大幅に改善しましたが、

その中には強度のアレルギー体質の方や
医者に「よくなる可能性はないと思ってください」と言われている方も
たくさんいらっしゃいました。

かく言う私も昔は花粉症の重症患者でしたので・・・

この花粉量が大幅に増えた今年、特に気になっていることがあります。
それは、多くの方が間違った認識をお持ちだということです。

間違った認識による、間違った改善方法を行ってしまうために、
悪化させてしまうケースや体調不良を起こしてしまうケースがあります。

花粉症に対する正しい知識を身につけてほしく、
気がついたら「正しい花粉症改善方法」を広めたいと思うようになりました。

多くの方の症状を見ていると正しい改善方法が分かってしまうのです。
さまざまなケースのご相談に応じてきたので原因がすぐに分かるからです。

私の人生ともいえる、今までの経験と試行錯誤によって完成した
花粉症改善術についてお伝えしますが、
その前に私自身に起こった体験を少しお話したいと思います。

きっと参考になる部分があるはずですので少しお付き合いください。



小さい頃から強度のアレルギー体質だった私ですが、
もともとはイカとかサバとか海産物のアレルギー体質で、

花粉に関しては何もアレルギー反応がありませんでした。

ところが、もう10年以上前になりますが
ある日鼻水がずーっと止まらなくなってしまったのです。
放っておくと滝のように垂れてきます。

さらには、目がかゆくて掻きむしったために充血がひどく、
鼻のかみ過ぎで鼻の周りの皮膚はただれていました。

医者の診断は「花粉症」。

最初それを聞いたとき、「なーんだ、花粉か」とすごく安心したのを覚えています。
もっとひどい病気じゃないかと心配していましたから。

でも、その時はまだ花粉症のツラさを分かっていなかったんです。
しかも花粉症というのは思いもよらない時にいきなりなるものなんですね。

そこから私の花粉症との長い闘いが始まりました。


治らない?


もともとアレルギー体質だったせいか、
一度花粉症になると、それはひどいものでした。

息が詰まって口を常にあけざるを得ない状況。
だんだん意識がもうろうとして、目もかすんできます。

このままでは生活に支障がでると考えて
病院に何度も足を運びました。

病院に行くと薬を処方してもらえるので
確かに一時しのぎにはなります。

ところが、だんだん体の方が慣れてしまったのか
服用しているうちに薬の効果が弱まっている気がしていました。

事実、最初は花粉症になるのが2月から6月くらいまでだったのが
1年のうち2/3くらいは鼻水がとまらなくなってしまったのです。

さらに病院で処方される抗ヒスタミン剤に関しては
効くことは効くのですが、飲んだ後しばらくすると
どうしても眠くなってしまうんです。

そしてしばらくの間頭が冴えない状態が続きます。

もちろん自分なりにも雑誌や本などを読んで調べましたし
医者に相談するなど、ありとあらゆることをやりました。

でも医者の答えは「須永さんはアレルギー体質が強いから
多分一生治ることはありませんよ」という返事でした。

自分は今後マスクをずっとして外出しなければいけないのか・・・
このぼーっとする頭がずっと続くのか・・・

何事にも集中が長く続かないですし、
寝不足もあるせいか、どんどん情緒不安定になりました。

花粉症のせいか、精神的に追いつめられたせいなのか、
涙がボロボロ出てきて、なかなか止まらない日々が続きました。


花粉症を克服できたきっかけ

そんな中、会社から辞令が出て、しばらくの間
アメリカの西海岸で暮らすことになりました。

日本に比べて花粉症が少ないイメージがあったので、
「ここなら花粉症もそんなにひどくならないだろう」と
期待して現地に向かいました。

しかし待っていたのは・・・甘くない現実。
鼻水は少しおさまったものの私の花粉症は良くならないのです。

結局もうどこに行っても花粉症から逃げられないの?
環境を変えるだけでは意味がないのか?

せっかくアメリカに来ても花粉症に悩まされるくらいなら
住み慣れた日本で医者にでも通った方がよほどましです。

ただ、アメリカでは花粉症のことを「hay fever」と呼びますが、
研究自体は進んでいますし、実際に重症患者の比率が低い、
という事実がありました。

そこに何かヒントがあるんじゃないかと、せっかく住んでいるんだから
何か解決法のひとつでも持ち帰りたい、そう思って
図書館で医学博士の論文を読んだのです。

その時、ちょっと分かったことがありました。
なぜアメリカも花粉の飛散量が多いのにそこまでメジャーでないのか。

そして「花粉症を根本的に克服した人」が多いのかが。

そのヒントに気づいてからは、
休みの日を利用して大学の図書館に通う日が続きました。

週末はパーティーのお誘いも多くありましたが、
そんな一時的な楽しみより、これだけ長い間苦しめられてきた花粉症が
治ってしまうのであれば、絶対にそっちの方が価値があります。

今まで敬遠していた大学病院のお医者さんにも通い
何度も相談してアドバイスを求めました。

そして、いろいろと自分の体に試していくうちに・・・
だんだん花粉症の症状が薄れていったのです。
2ヶ月もしたら、完全に花粉症の症状が出なくなっていました。

年明けに日本に戻ってきたとき、本当に日本の強烈な花粉に
やられないかと心配でした。

ところが、ありがたいことに2月になっても3月になっても、
普段ツラい時期になってもなんともないのです。

結局、1年を通して、今まで苦しめられていた花粉症の症状は
全くでませんでした。

「花粉症を克服できたんだ」と確信した瞬間でした。


こんなに幸せになる

一度花粉症が治ってしまうと、今まであれだけつらかったのが
まるで夢の中の出来事だったかのように思えてきます。

いつでも気楽に外出できます。何をするのも楽しいのです。
マスクをしなくていい生活がこんなに楽だなんて。

頭もぼーっとしないので、仕事のアイデアが色々と浮かんできます。
いつも見ている風景が明るく見えるような感じすらします。

明らかに、私は性格が明るくなったと思います。

そんなある日、今までひどい花粉症でずっと苦しんでいた
Mさんと久しぶりに会う機会がありました。

彼女も10年以上の花粉症歴で、アレルギーもひどいのです。
以前の私よりもひどかったかもしれません。

彼女は私のトレードマークとも言うべき立体型のマスクを
していないことにすぐ気づきました。

「ねえ、須永さんはなんで今日マスクをしてないの?」

私は、これまで花粉症を研究してきたこと、自分の体に
繰り返した実験、そしてついに克服できた経緯を話しました。

その時の彼女の驚きようはいまでも忘れられません。

「そんな方法があるならすぐにでも試すわよ、
 なんでもっと早く教えてくれなかったの・・・?」


私自身、この方法に自信がなかったわけではないのですが、
花粉症の原因はいくつかあり、Mさんのようにひどいアレルギーで
症状も違う人にはどうかなとちょっと思っていたのです。

でも、その考えは間違っていたとすぐに判明しました。

2ヶ月後、某高級店のマスクメロンをお礼にくれたMさんは
完全に別人のような表情をしていて、目が輝いていました。

いつも掻きむしっていた目も全く充血していません。

「ああ、Mさんってこんな顔してんたんだ。」
(失礼ながら)私がノーマスクのYさんの顔を見たのはその時が初めてでした。



次々と改善していく!

もちろんMさんの花粉症が治ったのも嬉しいのですが、
今まで一生よくなると思っていなかった花粉症を克服できる
ようになったことが自信になりました。

当時、花粉症という言葉がだんだん流行してきて、悩んでいる人が
意外に多いということを感じていましたし、
私と同じ悩みなので気持ちもすごくよくわかっていました。

「この方法ならどんな人にも効果があるのでは・・・?」

花粉症にはいろいろな症状やパターンがあるので、
本当にいろんな人に当てはまるかまではわかりません。

そこで花粉症で少しでも悩んでいる友人を見つけたら
マンツーマンで詳しくやり方を説明していきました。

結果、ほぼ全員が花粉症を治してしまったのです!

こうなると、私の編み出した方法で同じ悩みをもつ人達を
花粉症の悩みから解放できたことが嬉しくて仕方ありません。

いつの間にか、花粉症改善の方法をお伝えすることが
私のライフワークになっていました。

今回、お話しさせていただく花粉症の克服術ですが、
この発見した方法をもとにさらに試行錯誤して
誰にでも、効果が出やすいように使いやすくしたものです。

この方法を使って、
あなたの花粉症の悩みを根本的に改善していきます。



どうして難しいのか?

本題に入る前に、ちょっとお聞きしたいのですが、

あなたは今までどんな花粉症改善方法を試しましたか?

お友達から聞いた方法、雑誌に書いてあった方法など、
色々な花粉症対策を試してきたことと思います。

でも、あまり効果はなかったのではないでしょうか?
もし花粉症に効果があったらこのサイトは見ていないはずなので・・・

はっきり言ってしまいますと、
まず、最も重要なのは根本的に改善できるかです!

ここまでお話ししてきましたが、
私自身、花粉症改善に結びつくと考えられる
あらゆる方法をたくさん試してきました。

本や雑誌もたくさん読みましたし、
病院にも専門医にも診てもらいました。

もちろん、たくさんの費用をかけて手入れすれば
花粉症が治る場合もあると思います。

でも一定の予算の中でやろうとすると、どうしても
手段は限られてきますし、効果もほとんどありません。

さらに間違った知識で実践してしまった場合、
花粉症の症状が変わらないならまだ良いですが、
逆に悪化してしまう場合すらあるのです。

今回、やり方を間違えると逆効果もある、誤解されやすい
間違った花粉対策を4つほどピックアップしてご紹介しますね。
花粉症“スッキリ”克服プログラム 『花粉★バスター』

花粉症“スッキリ”克服プログラム 『花粉★バスター』

posted by 花粉症 at 07:42 | 花粉症“スッキリ”克服プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
花粉症を克服できる