最近の記事
2017年02月03日

【花粉症の症状から解放】薬などで一時的に対策している方に、自宅で

自宅で花粉症を改善できる方法って?
今年は何とかしたいと考えている方に、花粉症の症状にお困りの方に

ストレスや不規則な生活も、花粉症に起因していないとも?
花粉症はその名の通り、植物から飛来する花粉が原因で引き起こされます。

かつて昭和30年代に林業拡大を目的として日本じゅうに植えたスギが育ち、
今その花粉が大量に飛散していることから端を発していると言われています。

しかし、それだけではありません。
車の排気ガスや工場から立ちのぼる煙などによる大気汚染も見逃せません。

とりわけディーゼルエンジンの排気ガスに含まれる微粒子が、
私たちの身体に入り込んで花粉に反応しやすくさせるとも言われています。

花粉に反応する物質が体内で大量につくられると、
目や鼻の粘膜に働きかけ、花粉を撃退しようと過剰に涙や鼻水を放出します。

その物質がどの程度大量につくられると花粉に反応しやすくなるか…
それは、誰にもわからないリミットなのです。

ジャンクフードが日常的なメニューとして取り入れられる今、
食生活の変化も現代の私たちの身体を花粉に敏感にしていると考えられています。

ストレスや不規則な生活も、花粉症に起因していないとも言えません。

まさに今を生きる我々の誰もがなりうる、国民病と言っていいでしょう。

原因に関しては多くの情報番組、雑誌、新聞でも特集を組まれ、大きく取り上げられていますが、
いずれもそれぞれの原因に対する有効な解決策は見いだせていないようです。

花粉が飛ぶ春と秋。
企業がティッシュではなくマスクをくばっている場面も、珍しくはなくなってきました。

ドラッグストアには多種多様な花粉症対策グッズが並び、大量購入者も後を絶ちません。

鼻うがいをしてみたり、メガネの上にメガネをかけたり。
皆涙ぐましい努力をして、少しでも症状を和らげようと耐えています。

しかし、残念なお知らせとして、今年の花粉飛散予測が発表されました。
環境省によりますと、全国の花粉飛散数は平年よりもかなり多くなる見込みだそうです。

花粉症の方にとっては、本当に辛い年になる可能性があります。
新しく花粉症になる方も一気に増え、その数は2〜3倍に膨れ上がると
予想されています。

これまでと同じ方法で、はたして私たちは花粉症の脅威に耐えられるのでしょうか。


もう、2017年こそは、花粉症を卒業したい
花粉症に一度なってしまったら、完治することはできないのか

一生苦しみ続けるしかないのか?

そう考えるのは、ちょっと待って下さい。

確かに花粉症は改善が難しい、厄介な症状です。
しかし、決して治せないということではありません。

自分の症状を見極め、最も効果的な方法を行なえば、改善していきます。
「どうせ治ることはないんだ…」と諦めてしまい、
効果的な改善策を取らないことこそが、ますます症状を悪化させてしまうのです。

まずは諦めないこと。
現状に屈せずに、絶対に治すんだという気持ちを忘れなければ、
症状を改善させることは可能なのです。
posted by 花粉症 at 01:38 | 山口 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
花粉症を克服できる